アロマテラピー検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 アロマテラピー検定
評価【2級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(四者択一式)
試験場所 全国各地
試験日程 ①5月上旬、②11月上旬
申込期間 ①2月下旬~3月下旬、②8月中旬~9月中旬
合格発表 ①6月上旬、②12月上旬
受験料 6,480円
問い合わせ先 公益社団法人 日本アロマ環境協会
スポンサーリンク

概要

アロマテラピー1

アロマテラピーとは、植物の香りなどを利用して、精神をリラックスすることで、心や体をリフレッシュさせて、健康増進や美容に役立てることを目的としている自然療法になります。美に敏感な女性を中心に人気があり、全国各地で、アロマテラピーの講座が行われています。

アロマテラピー検定は、アロマテラピーに関する知識を問う試験で、「日本アロマ環境協会」が年2回実施しています。試験は、アロマテラピーを家族や周囲の人々と共に楽しむことを目的とした知識を問う「1級」と、自分で楽しむための知識を問う「2級」に分かれています。

どちらも受験資格はありませんので、年間3万人以上の人が受験しています。受験者のほどんとが就職・転職に生かす為ではなく、趣味のレベルで取得しています。ストレス社会が加速していく中で、今後も注目を浴びていくであろう資格の一つと言えるでしょう。

試験内容

試験は検定公式テキストの範囲から出題されます。

1級(60問)

  • 2級の内容
  • 香りテスト
  • アロマテラピー利用法と基材
  • 精油のプロフィール
  • アロマテラピーとメカニズム
  • アロマテラピーと健康学
  • アロマテラピーに関する法律など

2級(50問)

  • 香りテスト
  • アロマテラピー利用法
  • 安全のための注意
  • 精油のプロフィール
  • 精油の基礎知識
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーと環境

免除科目

なし

合格基準

80%以上の正解率

受験者数・合格率

2015年までの累計受験者数は383,488人。

合格率は90%程。

試験の難易度

合格率は90%程あり、難易度もそれほど高い資格ではありません。

試験の勉強

勉強法 アロマテラピー検定 勉強法
テキスト アロマテラピー検定 公式テキスト

通信講座の紹介

たのまなの「アロマテラピー検定1・2級対策講座」では、アロマトリートメントの基礎から実践まで学ぶことができるので、これから初めてアロマの勉強をされる方は勿論、開業を目指している方にもお勧めです。

検定試験対策も行っており、2級に関しては合格保証付き制度があるので安心です。

詳しい情報を見る

資格を活かせる仕事

アロマテラピー検定に合格すると、アロマの歴史や精油の様々な効用についての知識があるとみなされるので、アロマテラピー講師になる事が出来ます。自宅でも出来る仕事です。

基材や各アロマは癒しだけではなく、空気を殺菌化する事で風邪やインフルエンザを防いだり、眠りを深くしたり、殺虫剤代わりにと、実に様々な効果があります。

その効能は人に教えるだけでなく、自宅で自分の為や家族の為にオリジナルのアロマを作る事にも役立ちます。中には嗅覚からリラックスする事で、病気へのストレスを取り除き症状を緩和する人もいます。

又、この資格を取ると、「社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)」が実施しているもっと上位のプロフェッショナルな資格取得を目指す事が出来ます。

アロマテラピストの仕事

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年12月18日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク