フラワーデザイナー試験の難易度・合格率・日程など

資格名 フラワーデザイナー
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 1級:2級取得後、更に履修単位40単位以上修了
2級:3級取得後、更に履修単位40単位以上修了
3級:NFD公認校にて履修単位40単位以上修了
※受験日の40日前までに40単位以上を取得
試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 札幌、仙台、新潟、金沢、東京、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、徳島、松山、
福岡、大分、熊本、鹿児島、沖縄など
試験日程 学校により異なる
申込期間 学校により異なる
合格発表 学校により異なる
受験料 1級実技:24,840円
2級実技:19,440円
3級実技:14,040円
筆記試験(共通):2,160円
問い合わせ先 公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会 (NFD)
スポンサーリンク

概要

フラワー

フラワーデザイナーとは、日本フラワーデザイナー協会 (NFD) が実施している資格で、花のデザインに関する知識を問う試験になります。

試験は、フラワーデザインに関する基礎知識や技術力を問う「3級」から、自分で考え作り出す技術力を問う「1級」まで存在し、一般受験者は3級からチャレンジすることになります。

また、3級にも受験資格があり、全国で約450校あるNFD公認校で一定の単位を取得しなければ受験することができません。

試験内容

資格検定試験の試験日程は6ヶ月前、出題テーマ、支給花材は試験日の1ヶ月前に発表されます。

資格取得のステップ

スクールに入学

全国に450校あるNFD公認校に入学します。(NFD講師いる学校であれば認定校でなくても可能)

スクールを受講

各学校にて3級を取得するためのレッスンを受講します。

3級にチャレンジするまでにおおよそ半年から1年のレッスンが必要です。

受講申込み

全国主要都市で行われる3級の検定試験にチャレンジします。

3級合格

3級に合格することで、NFDに入会する資格を得ることができます。

3級正会員入会

正会員の入会金は10,000円、年会費は毎年15,000円です。

3級フラワーデザイナー登録

NFDに登録され、「3級フラワーデザイナー」であると認められます。

2級・1級へチャレンジ

2級、1級の受験には単位の他に在籍期間が12ヶ月以上必要になります。

受験者数・合格率

合格率は、1級で80%程、2級と3級はほぼ100%合格できます。

試験の難易度

試験自体は難しくありません。

試験の勉強

日本フラワーデザイナー協会が出しているテキストがあるのでそちらをメインに勉強すると良いでしょう。

勉強法 フラワーデザイナー 勉強法
テキスト フラワーデザイナー テキスト

資格を活かせる仕事

フラワーデザイナーの資格を取得すると、アレンジ、ブーケ、コサージュを作ったり、テーブルや会場を花を使ってディスプレイしたりといった仕事が出来ます。

ですから、フラワーデザイナーの仕事場は、自分のお店以外に、結婚式場、イベント会場やパーティー会場、各種会場と様々です。

自分のお店で花束やフラワーアレンジメントを依頼される事もあれば、結婚式場では花嫁の髪飾りからブーケ、披露宴会場全体のディスプレイまで、お客様の好みを的確に掴み、一生に一度の晴れの日を演出します。とても遣り甲斐のある仕事です。

フラワーデザイナーは会社に就職する人も多いです。就職先としては、結婚式場、大手フラワーショップの婚礼部門、ホテル、ディスプレイ会社、プロデュース会社と多岐に亘ります。

又、フラワーアレンジメントの教室を開く事も出来ます。

フラワーデザイナーの仕事に関しては、姉妹サイト「職業探しの広場(フラワーコーディネーター)」を参照して下さい。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★☆☆☆2

はな 30代女性(主婦)
2015年4月14日

資格の必要性
フリーランスで、フラワーデザイナーの仕事をしていました。フラワーデザイナーの資格は2級まで取得しました。試験は簡単ですが受験資格として講師の単位が必要になるので、スクールに通う費用も時間も必要になります。
私が受講した時は確か花材代込みで27万円ぐらいだったと思います。
私の周りのデザイナーさん達は資格を持たずに働いている割合の方が多いし、この資格を持っていたからと言って就活で有利になることもあまり考えられないので大金を出してまで無理に取る必要は無いと思います。
授業では仕事の現場で応用出来る知識を習得できるので、本格的にフラワーデザイナーとして活躍したい方は今のうちに通っておいた方が実務に入りやすいと思います。
※2017年11月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク