動物(ペット)の資格一覧

国家資格

公的資格

なし

民間資格

動物の資格について

動物に関する資格を取得する場合、大学で学ばなければいけない獣医師や、専門知識の必要なトリマーなどを除いて、試験の難易度的にもほとんどの人が、独学で勉強されると思います。しかし、命を預かる仕事が多いので、どの資格を取得する場合でも、独学ではなく、出来るだけ専門学校やスクールを利用して、就業前にしっかりと様々な知識けられることをおすすめします。

動物に関わる仕事

動物に関わる仕事の種類は、大きく分けて「医療」「暮らし」「娯楽」の3つに分けることができます。

医療の仕事

動物の医療に携われる仕事として、獣医師や動物看護師、ブリーダーが挙げられます。動物の命を扱う仕事になりますので、それ相当の専門知識や資格、責任感も必要になります。

ちなみに、獣医師の場合は、医師と同様に、大学にて、専門の知識(獣医学)を勉強して、国家試験に合格しなければいけません。ブリーダーの場合は、資格はが無くても大丈夫ですが、いきなりブリーダーとして活躍するのは困難なので、実質2年~3年以上は、しっかり修行を積まなければ、ブリーダーとして働くことは困難です。

動物に関わる仕事で、一番高収入を期待できるのが、動物の医療に関わる仕事になると思います。

暮らしの仕事

動物の暮らしに関われる仕事として、身近な所で、トリマーや、ペットショップやペットシッターのスタッフ、最近増えてきているペット美容院などの、動物の暮らしに関わる仕事が挙げられます。これらの職業は、ペット好きな方なら利用されている人も多いと思うので、想像しやすいと思います。

どの仕事でも、飼い主の希望を的確に把握するのは勿論、動物に関する流行やトレンドを常に把握し、飼い主に情報を提供しなければいけませんので、細やかな気配りや想像力を持っている人が向いている職業だと言えるでしょう。

ただ、ペットショップでの勤務など、特にスキルを求められない職業に関しては、飽和状態で収入も低い傾向にあります。動物の暮らしに関われる仕事として、その他にも、訓練所の職員やハンドラーなども挙げられます。

娯楽の仕事

最後に、動物の娯楽に関わる仕事として、動物園や水族館、牧場などが挙げられます。大好きな動物に囲まれて、尚且つお客さんに喜ばれる仕事になりますので、動物好きの人には、凄くやりがいのある仕事だと思います。

但し、動物や水族館という職場は、数が限られて少ない反面、人気の職場になりますので、競争率はかなり高くなりますので、就職するのは困難です。ですので、まずはペットショップやペットシッターとして経験を積んで修行する柔軟性も必要になります。

また、この手の職業は、休日が不規則だったり、体力が求められることが多いので、その辺はきちんと理解しておきましょう。

自分がなりたい道を考える

動物と関わる仕事は色々あります。その中で、自分はどの職業が向いているのかを判断することが大事になります。

例えば、「動物の命を守りたい!!」と思われるなら獣医師を目指すべきだし、「私は手先が器用」と思われるならトリマーをやグルーマーなどを目指すべきだし、そうやって自分の気持ちや適性を見極めることが大事になります。

※2017年02月01日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク