トリマー試験の難易度・合格率・日程など

資格名 トリマー
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 下記参照
試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 全国各地
試験日程 養成学校により異なる
申込期間 養成学校により異なる
合格発表 養成学校により異なる
受験料 5,300円(各級共通)
問い合わせ先 一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC)
スポンサーリンク

概要

トリマー

トリマーとは、「犬の美容師」と呼ばれており、犬の毛や皮膚、爪、耳などの掃除や手入れ、身だしなみを行う専門職になります。海外では「グルーマー」とも呼ばれてており、ペットに関する仕事で最もポピュラーで身近な資格(仕事)と言えるでしょう。

トリマーの資格には、「師範」「教士」「A級」「B級」「C級」の5つに分かれており、まず最初に一番下のC級を受験して、上の資格を目指していくことになります。

トリマーは、業務独占資格ではありませんので、資格を持っていなくてもトリマーとしての業務を行うことは可能ですが、専門的な知識と技術力とが必要になりますので、トリマーとしての仕事をしたいのであれば、認定資格を取得するのが一般的です。

トリマーの認定試験を行っている団体は様々ありますが、犬団体で最も権威のあるジャパンケネルクラブ(JCK)で受験するのが一般的な流れになります。トリマーにの認定試験には、師範からC級までの5段階に分かれており、まず最初にC級から目指すことになります。

資格取得者の約9割が女性で、動物好きの女性に人気のある資格と言えるでしょう。

受験資格

教士

27歳以上で、A級を取得してから5年以上経過し養成学校から受験資格を与えられた者

A級

  1. B級を取得してからも養成学校で2年以上経過し、規定の過程を修了した者
  2. B級を取得してから3年以上経過し、協議会より受験資格を与えられた者

どちらかをクリア

B級

  1. C級を取得してからも養成学校で1年以上経過し、規定の過程を修了した者
  2. C級を取得してから2年以上経過し、協議会より受験資格を与えられた者

どちらかをクリア

C級

  1. 満18歳以上で、JKC公認の養成学校に入学し、規定の過程を修了した者
  2. 満18歳以上で、JKCの会員に2年以上在籍し、協議会より受験資格を与えられた者

どちらかをクリア

トリマー養成専門学校

  • 学校法人東京愛犬学園 東京愛犬専門学校
  • ロイヤルグルーミング学院
  • 名古屋分院
  • 神戸分院
  • メジログルーミングスクール
  • スカイグルーミングスクール
  • 横浜トリミングスクール
  • 九州サンシャインドッググルーミングスクール
  • SJDドッググルーミングスクール
  • 大宮分院
  • 静岡グルーミングスクール
  • ナンバペット美容学院
  • 愛犬美容看護専門学校
  • 静岡分院

試験は、「筆記」と「実技」があり、筆記に関しては、トリマーになるための必要な知識を制限時間50分間で行います。実技はカットで、制限時間2時間で行います。詳しい内容は養成学校によりことなりますので、JKCにてご確認下さい。

免除科目

不明

合格基準

筆記と実技(カット)で7割以上

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開ですが、ほぼ100%合格できます。

試験の難易度

基本的に養成専門学校でキチンと勉強していれば100%合格することができるので難易度としては低いです。

試験の勉強

勉強法 トリマー 勉強法(準備中)
テキスト
問題集

資格講座の紹介

ヒューマンアカデミー(ペットの通信講座)

資格を活かせる仕事

トリマーとして活躍できる場は多く、一般的にはペット美容室やペットショップ、ペットホテル、ホームセンターなどのペットコーナーなどで勤務します。

トリマーとしてのしての業務をするのは勿論、店舗勤務の場合は、商品管理や清掃業務など、店舗運営に関わる全てのことを行わなければいけませんので、トリマーの技術だけを身につければ良いという訳ではありません。

飼い主とのコミュニケーションを密にとらなければいけませんので、サービス業に必要な接客力も必要になります。

上記の様な店舗勤務の他にも、動物病院やブリーダー(養成所)などで勤務することも可能です。

トリマーは他の職種に比べて独立のハードルが低いので、独立開業する人の割合も多いので夢のある仕事と言っていいでしょう。

トリマーの収入

ペット美容室やペットショップなど、店舗勤務での給料水準はかなり低く、未経験の初任給で、12万円から良くても18万円程度になり、手取り額で考えると10万円を切ることも珍しくありません。やはり、トリマーとしての技術力が世間に認知されていないというのが、背景にあるようですね。

ただ、美容師と同じで、技術力をしっかり磨いてオーナーさんから指名をもらえるようになれば、収入は上がっていくでしょうし、独立開業も夢ではありません。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★☆☆☆2

ハイチュー 40代女性(会社員)
2015年2月10日

取得理由は動物が好きという単純な理由
私の実家が ペット美容院を経営していますので、その手伝いとして10年ほど働いています。
ペットの美容師で華やかな仕事をしていると思われる方もいらっしゃると思いますが、実際は、事務処理や、掃除、洗濯物などの雑用業務が半数を占めます。排便処理だってしなければいけません。
ペット好きじゃないと絶対できない仕事です。

お勧め度 ★★★☆☆3

かおりっき 20代女性(フリーター)
2014年10月18日

トリマーの仕事はしんどい
トリマーとして2年の経験があります。トリマーの仕事はしんどいし給料も低いです。ただ、自分のカットをお客さんが喜んでくれる時の快感はたまりません。
凄くやりがいのある仕事だし、この仕事をやっていて良かったと思いますし、今後も続けていく予定です。ちなみに私の働いている店舗では、一日平均4~5頭ほど担当します。
1頭にかかる時間は、およそ1時間~2時間程です。私はこの仕事を8年程続けていますが、お客さんの求める要望が年々厳しくなっているように思います。

お勧め度 ★☆☆☆☆1

ハピネス 20代女性(会社員)
2014年9月11日

資格を取る意味がない
トリマーの仕事は案外難しく、犬種によって毛並みや毛の長さ、毛の性質によってカットの方法が変わってきますので、知識というより経験が凄く大事になります。
私はトリマーの資格を取得していませんが、ペットの美容室などで経験をしっかり積めば、はっきり言って資格は必要ありません。

お勧め度 ★★★☆☆3

森 20代女性(会社員)
2014年2月15日

アドバイス
私は専門学校に2年通って、トリマーB級とドッグショーで活躍できるハンドラーの資格を取得しました。
これからトリマーを目指す方へのアドバイスとしては、トリマーの受験資格を得るための養成学校は全国に200校ぐらいありますが、その中でも、ジャパンケネルクラブに通うと他の養成学校より早く取得できますのでオススメします。
※2017年01月09日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク