TOEFL iBT試験の難易度・スコア・日程など

資格名 TOEFL iBT
評価【目安60点】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(キーボード入力)
試験場所 全国の大学など約100ヶ所
試験日程 年間40回程実施されています。
申込期間 随時
合格発表 試験の約1~2か月後を目途に発表
受験料 230ドル~
問い合わせ先 ETSカスタマーサポートセンター
スポンサーリンク

概要

toefl

TOEFL(Test Of English as a Foreign Language)とは、日本語に置き換えると「外国語としての英語運用能力判定テスト」と呼ばれており、日本など、英語を母国語としない人の英語コミュニケーション能力を測るテストになります。

TOEICと比較されることが多いですが、TOEFLの場合は、主に大学や大学院などの入学審査の基準として用いられることが多く、試験のスコアは、世界130か国、8500以上の機関で証明されますので、英語圏での留学を希望されている方には必須の試験と言えるでしょう。

日本での試験は、インターネットを使った「TOEFL iBT」が全国各地で実施されています。インターネットと聞くと、自宅でいつでも受験できると思われるかもしれませんが、実際は、日時や試験会場を指定されて、その会場で受験することになります。

試験内容

試験時間は約4時間で行われ、正規の問題の他にも、ダミー問題が紛れている。

リーディング(70問)

700〜800語ほどの学術文章(長文)が提示されますので、解読力を測定します

リスニング(35問)

複数人数による会話の問題

スピーキング(6問)

単純な質疑応答、及び文章や会話の総合的な理解力を伴う問題

ライティング(2問)

質問に対して作文を作成など、タイピングにより回答

免除科目

なし

スコア基準

各セクションで0点~30点の間で、レベルによりスコアを判定します。(合計は0点~120点)

リーディングのレベル

  • 高 (22~30)
  • 中 (15~21)
  • 低 (0~14)

リスニングのレベル

  • 高 (22~30)
  • 中 (15~21)
  • 低 (0~14)

スピーキングのレベル

  • 優 (26~30)
  • 良 (18~25)
  • 限定的 (10~17)
  • 極めて限定的 (0~9)

ライティングのレベル

  • 優 (24~30)
  • 良 (17~23)
  • 限定的 (1~16)

受験者数・合格率

毎年8万人程度の方が受験しています。

試験の難易度

TOEICとは試験の趣向が違うので比較しにくいですが、TOECIの試験内容はある程度パターン化されているのに対して、TOEFLは応用的な能力が問われるので、日常的に英語を話して生活していない人からしてみれば、TOEFLの方が難しく感じるかもしれません。(と言うか、難しい)

試験の勉強

公式テキストが出版されているので、まずは公式テキストを徹底的にやり込んで、自分の得意・不得意の傾向を知る所から始めましょう。

勉強法 TOEFL iBT 勉強法
公式テキスト ETS公認ガイドTOEFL iBT
問題集
通信講座  –

通信講座の紹介

TOEFLの通信講座で有名なのがZ会の通信講座です。

資格を活かせる仕事

TOEFLは、基本的に留学の時など、英語の勉強能力を図る試験になるので、就職や転職の際に有利になると言われているTOEICに比べるとアピール度は低いです。

ただ、外資系や海外を相手に営業する営業マンなど、英語と直接的に関わる仕事であれば、スコアにもよりますが十分アピールできる武器にはなります。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★☆☆3

もえ 40代女性(主婦)
2015年8月11日

若い受験者が多い
私がTOEFLを受験するキッカケとなったのは、学生時代の夏休みにアメリカに短期語学留学をした時にTOEFLのクラスがあって少し勉強したからです。
その講座では問題集を使って文法などを勉強していて、帰国してから実際に試験を受けました。
他のどの英語の試験よりも難しいと思いました。これは講座で勉強していた時から思っていましたが、TOEFLはアメリカの大学に留学するために必要な試験だというのに納得できました。
受験者は10代20代の学生さんが多かったです。
※2017年01月11日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク