チョコレート検定試験の難易度・公式テキストの紹介・日程など

資格名 チョコレート検定
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(マークシート方式)
試験場所 東京、大阪
試験日程 9月中旬
申込期間 8月上旬まで
合格発表 10月下旬
受験料 5,400円(2月14日までのネット早期割引だと4,400円)
問い合わせ先 明治チョコレート検定委員会
スポンサーリンク

概要

ちょこ
検定ポータル内のチョコレート検定のページから出典

チョコレート検定とは、カカオの生態やチョコレートの製造法など、チョコレートに関する総合的な知識を問う試験で、明治チョコレートで有名な、株式会社明治の明治チョコレート検定委員会が実施している資格になります。

試験は、、第1回試験が20116年9月19日に開催されました。受験者数は不明ですがSNSでかなり賑わっていたので、チョコレート好きの方が多く受験されていると思われます。

合格者特典として、合格者全員にチョコレート検定合格認定証が送られるほか、試験の上位5名にはミルクチョコレート1年分(360個)が贈呈されます。チョコレート好きの方にはたまらないですね・・・

また、合格認定カードと合格認定名刺とピンバッジを購入することができます。

明治チョコレート検定委員会のHP内から申し込み可能なので、受験をしようと考えている方は、インターネット早期割引が適用される2月14日までに申し込みを完了させてください。

試験内容

マークシート形式(100問)

まだ実施されていない試験になるので、どういった内容の試験問題が出題されるのかは不明です。

気になる方は、明治チョコレート検定委員会のHP内に練習問題が掲載されているので、実際に解いてみて下さい。

練習問題の中では、カカオ豆の輸出、ミルクチョコレートの主原料、ミルクチョコレートの発明者、日本の1人当たりのチョコレート年間消費量などの問題が出題されています。

免除科目

なし

合格基準

70%以上の正答率

受験者数・合格率

受験者数・合格率共に非公開

試験の難易度

出題レベルとして、「チョコレートの歴史や文化に触れることで、チョコレートをさらに深く楽しみたい方を対象としたレベル」と記載されています。

まだ実施されていない試験なの、どの程度のレベルの試験が出題されるのか未知数ですが、検定ポータル内に掲載されている練習問題を解いてみる限り、ただチョコレートが好きと言うだけでは合格するのは難しいと思います。

ちなみに、私は練習問題8問中、完璧に分かったのは1問だけでした・・・

試験の勉強

試験の勉強は、明治チョコレート検定委員会が出している「チョコレート検定 公式テキスト」を利用してください。

この記事を書いている時点で、まだ発売されていないのでどういった内容のテキストか分かりませんが、試験の公式テキストなので、まーこのテキストの内容から中心に出題されるのは間違いないと思います。

テキストの量も200ページ程しかないので、1ヵ月も勉強すれば合格できるレベルに達することができるのではないでしょうか。

勉強法 チョコレート検定 勉強法(準備中)
テキスト チョコレート検定 公式テキスト

資格を活かせる仕事

趣味の資格になるので皆無に近いです・・・

株式会社 明治が主催しているので、もしかしたら明治に就職できるかも・・・無いね。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク