ナマハゲ伝導士認定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ナマハゲ伝導士認定試験
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 中学生以上
試験方法 筆記試験
試験場所 秋田県(男鹿温泉郷内)
試験日程 11月
申込期間 10月中旬~11月上旬(定員90名)
受験料 6,400円(中高生は3,200円)
問い合わせ先 ナマハゲ伝導士推進委員会
スポンサーリンク

概要

なまはげ検定

ナマハゲ伝導士認定検定は、(社)男鹿市観光協会ナマハゲ伝導士推進委員会が実施している検定試験で、秋田県の男鹿市のナマハゲに関する歴史や、ナマハゲの面などについて講義で学んだ後に、試験を受けて合格すれば認定されます。

ナマハゲに興味がある人、もっとナマハゲについて知りたい人、ナマハゲを広めていく活動に参加していきたい人などが受験しています。

ナマハゲの本来の意味などを知ることで、よりナマハゲ文化への理解が深まり、観光客の増加等にも繋げていける検定です。

講習以外にも研修会が実施されていて、研修会ではなまはげ館などを見学することができます。実際に見ることで、その奥深さなどを肌で感じることができます。

認知度の高い資格ではありませんが、地元に住んでいる人であれば、取得していれば地元行事での活躍等もできる資格ではないでしょうか。

試験は1時間ですが、講義を含めると1日かかります。試験会場近くの宿泊施設を紹介してもらうことができるので遠方からでも観光とセットで受験される人がいます。

試験内容

試験を受験する前に、約1時間の視察研修と午前と午後の計3時間10分の講義を受講する必要があります。

試験方法 筆記試験
試験時間 60分
合格基準 非公開
免除科目 なし

出題範囲

ナマハゲの歴史やナマハゲの面及び男鹿のナマハゲの継承状況等から出題される予定です。

受験者データ

受験者数、合格率共に非公開

試験の難易度

試験の難易度は不明ですが、試験の前に講義があるので落とすための試験では無いと思われますので、真面目に講義を受ければ合格できるレベルの試験だと推測できます。

試験の勉強

受験手続が終われば講義テキストが配布されるので、そちらを見ながら講義を受ければ特に事前に試験対策を立てる必要は無いでしょう。

資格を活かせる仕事

ご当地資格になるので、仕事で活かすことは難しいでしょう。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク