第1種圧力容器取扱作業主任者試験の難易度・合格率・日程など

資格名 第1種圧力容器取扱作業主任者
評価
資格種別 国家資格
資格法令 業務独占資格、必置資格
資格区分 化学設備関係、普通
受験資格 化学設備関係:化学設備関係ので5年以上の実務経験
普通:誰でも受験できます
試験方法 講習
試験場所 全国各地
試験日程 年3回~5回実施
申込期間 講習日のおよそ2ヶ月前から開始
合格発表
受験料 化学設備関係:11,000円
普通:17,000円
問い合わせ先 一般社団法人日本ボイラ協会 
スポンサーリンク

概要

圧力容器

第1種圧力容器取扱作業主任者とは、「日本ボイラ協会」が実施している国家資格で、労働安全衛生法が定める第1種圧力容器を取り扱う際には、第1種圧力容器取扱作業主任者の中から選任する必要があります。

試験は、「化学設備関係第一種圧力容器」と「普通第一種圧力容器取扱作業主任者」に分かれ、各地の安全衛生技術センターで実施している、2日間にわたる技能講習を受講して修了試験に合格することで取得することができます。

講習内容

化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者

第一種圧力容器の構造に関する知識

  • 第一種圧力容器の取扱いに関する知識
  • 危険物及び化学反応に関する知識
  • 関連法令
  • 修了試験

普通第一種圧力容器取扱作業主任者

  • 第一種圧力容器(化学設備に係るものを除く。)の構造に関する知識
  • 第一種圧力容器(化学設備に係るものを除く。)の取扱いに関する知識
  • 関係法令
  • 修了試験

免除科目

なし

合格基準

不明

受験者数・合格率

不明

試験の難易度

講習と修了試験のみなので簡単です。

資格を活かせる仕事

調査中

口コミ・体験談

まだありません。

※2016年12月23日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事