メディカル クラーク試験の難易度・合格率・日程など

資格名 メディカル クラーク
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 医科、歯科
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験:択一式(25問、60分)
実技試験:診療報酬請求事務/診療報酬明細書点検(4問、70分)
試験場所 各都道府県内の公共施設等
試験日程 毎月
申込期間 試験日の2ヶ月前から2週間前まで
合格発表 試験の約1か月後を目途に発表
受験料 7,500円
問い合わせ先 一般財団法人日本医療教育財団・公益社団法人全日本病院協会
スポンサーリンク

概要

メディカル

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)とは、財団法人 日本医療教育財団によって実施されている資格検定で、診療報酬請求業務や窓口業務など、医療事務業務全般に従事する人の知識や技能レベルを審査して、それを「認定」という形で証明することを目的とした資格になります。

試験は、「医科」と「歯科」いずれかの選択して受験することになります。試験に合格することにより、称号を付与され、これにより医療事務職としての能力を証明することができます。

メディカル クラークの試験は、昭和49年から実施されており、これまでの総受験者数は150万人以上、2000年以降の受験者数は、毎年4万人程受験しており、他の民間企業が主催する医療事務資格の中でも、認知度が非常に高く、就職・転職に有利になると言われています。

受験資格が無いことから、学生にも人気のある資格になります。

試験内容

学科試験

医療事務知識

実技試験

I患者接遇(記述式)

実技II試験

診療報酬請求事務/診療報酬明細書点検

免除科目

なし

合格基準

それぞれの科目で70%以上の正解率

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2015年 24,620人 65.2%
2014年 21,803人 67.2%

試験の難易度

医療事務の基礎知識がある方であればそれほど難しいと感じることは無いでしょうが、これから初めて勉強される方の場合200時間程度の勉強時間は必要になります。

但し、学科試験は資料の持ち込みが可能なので丸暗記をする必要はありません。

試験は毎月あるので気負いせず気軽にチャレンジすることができます。

試験の勉強

独学でも取得可能ですが、通信講座を利用した方が試験に特化した教材が揃っているので試験では有利になります。

勉強法 メディカル クラーク 勉強法
テキスト
問題集 メディカル クラーク 問題集

資格を活かせる仕事

医療事務の基礎知識がある方であればそれほど難しいと感じることは無いでしょうが、これから初めて勉強される方の場合200時間程度の勉強時間は必要になります。

但し、学科試験は資料の持ち込みが可能なので丸暗記をする必要はありません。

試験は毎月あるので気負いせず気軽にチャレンジすることができます。

メディカル クラークの収入は、フルタイムの初任給で16万円~20万円程になります。学歴や病院の規模により収入は大きく変わります。パートタイマーの場合だと、時給750~900円程になります。

比較的待遇の良いといわれる医療系の仕事の中でも、事務業務と言うこともあり、かなり低い給料水準になります。ただ、時間の融通が利く場合が多いので、子育てをしながら働きたい方には最適かもしれません。

医療事務の仕事

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★★★5

アリサン 20代女性(会社員)
2015年12月27日

女性へお勧めの資格です!
女性は結婚、出産で環境が変わるので、一つの職場で長く働けるとは限りません。病院だったら全国にあるので就職に困らないと思ったので資格を取ろうと思いました。
また、医療事務の仕事に就こうと思っている方も病院によってはメディカルクラークの資格が必須になってきます。試験は普通に勉強していれば誰でも合格できるレベルです。
※2017年09月07日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク