ITパスポート試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ITパスポート
評価
資格種別 国家資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 CBT方式(四肢択一式)
試験場所 全国各地
試験日程 試験実施場所により異なる
申込期間 随時
合格発表 随時
受験料 5,700円
問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
スポンサーリンク

概要

itパス

ITパスポート(iパス)試験とは、情報処理に関する基礎的な知識を問う試験で、IT化が進む社会で企業認知度の高い国家資格の一つです。

同じIT資格である「基本情報技術者試験」に比べると比較的難易度は低く、IT資格の登竜門的な資格になるので、学生でも気軽にチャレンジすることが可能です。

また、ITに携わらない営業職や事務職に就いている社会人の受験者が多いのも特徴の一つです。

試験は「CBT(Computer Based Testing)方式」で行われます。CBT方式とは、コンピューターを使用して実施される試験のことです。

試験内容

基本理論

離散数学、応用数学、情報に関する理論、通信に関する理論など、計測、制御に関する理論など

コンピュータシステム

プロセッサ、メモリ、バス、入出力デバイス、入出力装置、システムの構成など

技術要素

ヒューマンインターフェース技術、インターフェース設計、マルチメディア技術、マルチメディア応用など

開発技術

システム開発技術、開発プロセス・手法

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメント

サービスマネジメント

サービスマネジメント、サービスサポート、ファシリティマネジメント、システム監査、内部統制

システム戦略

情報システム戦略、業務プロセス、ソリューションビジネス、システム化計画など

経営戦略

経営戦略手法、マーケティング、ビジネス戦略と目標・評価、経営管理システムなど

企業と法務

経営・組織論、OR・IE、会計・財務、知的財産権、セキュリティ関連法規など

免除科目

なし

合格基準

  • 総合評価:1000点満点中600点以上
  • 分野別:各分野1000点満点中300点以上

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2016年秋 43,780人 48.1%
2016年春 33,985人 48.6%
2015年秋 41,026人 45.9%
2015年春 39,844人 46.4%
2014年秋 31,459人 49.9%
2014年春 36,147人 46.2%
2013年秋 30,969人 49.4%
2013年春 32,698人 45.8%
2012年秋 29,318人 39.0%
2013年春 21,531人 37.4%
2012年秋 46,545人 61.2%
2011年春 48,482人 44.8%

itパス2

こちらのデータは「情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター」のHPより抜粋したものです。

学生よりも社会人の方が受験者が多いのは意外ですね。受験者の多くが10代~30代なので、新入社員が受験するケースが多いのでしょうね。

試験の難易度

合格率を見ると50%程しかありませんが、誰でも受験できることを考えるとそれほど難しい試験では無いことが分かります。

学校から受験を命じられて、特に対策せずにとりあえず受験する人も多いので、しっかりと対策をすれば合格率はグンと上がります。

ITパスポートは、ネット系資格の中でも登竜門的な位置付けでITの基礎知識を問う試験になるので、ITに抵抗が無い方であればそれほど構える必要はありません。

試験の勉強

公式ホームページ内で過去問がダウンロードできるので、まずは過去問を解いて試験のレベルや問題の傾向を把握して下さい。

人気の高い資格になるので、各社から数多くの参考書が出版されているので、自分のレベルに合った参考書を選んで勉強しましょう。暗記問題がメインになるので、IT特有の専門用語をしっかり把握しておくことが必要です。

また、試験問題が100問もあるので問題を早く把握する勉強法が求められます。ちなみに、2016年度試験より試験時間が45分短縮(165分→120分)したのでスピーディーに問題を解く必要があります。

勉強法 ITパスポート 勉強法
テキスト ITパスポート テキスト
問題集 ITパスポート 過去問

資格講座の紹介

ITパスポートの資格講座で有名なのが「ユーキャンのITパスポート講座」と「フォーサイトのITパスポート通信講座」です。

特にフォーサイトの通信講座を受講した方の試験合格率は84.2%となっているので実績も十分です。(2016年度試験)。受講料も15,000円程なので学生でも気軽に受講することができます。経済的にも安心ですね。

資格の取得だけではなくその後の就職まで考えるのであれば資格の大原が実施している「集中資格取得コース」を受講するのも一つの手です。

資格の大原の資料請求を検討する

資格を活かせる仕事

IT企業に関しては、学生の就活であれば大いに利用できますが、社会人の転職となると少々物足りないので、ITパスポートの上位資格である基本情報技術者の資格も併せて取得しておいた方が良いです。

一方、事務職や営業職などであれば、IT知識を証明するのにITパスポートの資格があれば十分アピールできるので、事務職や営業職を目指している学生さんや転職を考えている方も積極的にチャレンジしみて下さい。

また、IT企業であれば資格手当の対象になる企業もあるので、収入アップを見込めます。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★★★5

ありきち 20代男性(会社員)
2015年11月14日

入門試験として最適な資格
ITパスポート試験は、パソコンの画面に表示される問題を解いていくCBT方式です。キーボードから解答を入力するのではなく、マウスで4つの選択肢から1つをクリックします。
試験時間は165分、問題の合計は100問です。国家試験である情報処理技術者試験の1つで、情報処理のもっとも基礎的な知識が広く浅く出題されます。
難易度は高くない事から、合格率が高いので、情報処理関係の資格取得を考えている方の入門試験として最適です。
※2017年09月07日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク