ITプランニング・セールス検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ITプランニング・セールス検定
評価
資格種別 民間資格
資格法令 なし
資格区分 ITプランニング・セールス、ITPSマスター
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 東京、大阪
試験日程 年数回実施
申込期間 随時
受験料 21,600円
問い合わせ先 一般社団法人日本経営協会
スポンサーリンク

概要

ITプランニング・セールス検定は、一般社団法人日本経営協会が実施する検定試験です。

IT企業で営業をされている方、もしくは営業担当になりたいという方が、それをするのに必要な技術や知識があることを証明する検定です。

試験のレベルはITプランニング・セールス(ITPS)と、ITPSマスターがあります。

基本的には誰でも受験ができますが、ITPSマスターはITPS指導者の育成を目的としているため、ITプランニング・セールス資格を有していることが受験条件となっています。

試験はレベルに関係なく、ITPSの知識を能力を問う筆記試験と、実践力を問う論述試験があります。

この検定試験には養成講座があり、講座を受講し一定条件を満たせば、筆記試験が免除されます。お住まいの地域やお時間の都合で講座への参加がしにくい方もいるかと思います。

講座でも使用されている指定のテキストがありますので、受験勉強の参考にされると良いと思います。

検定に合格すると、有資格者であることを証明するカードが発行されます。携帯できるアイテムは心強いものです。

試験内容

ITプランニング・セールス

知識試験:120分、スキル試験:90分

ITPSマスター

  1. マーケティング・マネジメント(M)知識+スキル:90分
  2. スーパーセールス(S)知識+スキル:90分

2種類の試験を受験され、それぞれ合格する必要があります。

出題範囲

知識(筆記試験)

  • ITPSの全体概要に関する知識
  • 市場把握力についての知識
  • 情報収集力についての知識
  • ヒアリング力についての知識
  • 課題解決力についての知識
  • 提案企画力についての知識
  • プレゼンテーション力についての知識
  • 契約・フォロー活動についての知識

スキル(論述試験)

  • ケースを通して、各ステップごとに ITPSとしての機能を果たせる
  • ITPS各ステップのアウトプット資料を 作成できる

合格基準

調査中

免除科目

なし

受験者数・合格率

受験者数・合格率共に非公開

試験の難易度

IT企業を目指す学生さんでも受験できる試験内容になっているので、難易度としては決して高くありません。

試験の勉強

一般社団法人日本経営協会の公式HP内にて指定テキストが販売されているので、購入して勉強して下さい。

資格を活かせる仕事

IT資格にはなりますが、基本情報技術者試験の様なIT技術を証明する資格ではありませんので、技術職というよりIT企業においてのマネジメントや営業職で知識を発揮できる資格になっています。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年02月07日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク