情報セキュリティスペシャリスト試験の難易度・合格率・日程など

こちらの資格は「情報処理安全確保支援士試験」へ変更になりました。

資格名 情報セキュリティスペシャリスト
評価
資格種別 国家資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(多肢選択式(四肢択一)、記述式、論述式)
試験場所 全国各地
試験日程 ①4月中旬、②10月中旬
申込期間 ①1月中旬~2月中旬、②7月中旬~8月中旬
合格発表 ①5月中旬、②11月中旬
受験料 5,700円
問い合わせ先 独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
スポンサーリンク

概要

情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)とは、情報セキュリティ技術の専門家として、他の専門家と協力しながら情報セキュリティ技術を適用して、情報システムをの企画や開発、運用・保守をするための知識を問う試験になります。

試験内容

内容 午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 50分 40分 90分 120分
出題形式 四肢択一 四肢択一 記述式 記述式
出題数 30問 25問 3問 2問
回答数 30問 25問 2問 1問

午前Ⅰ

基本理論

離散数学、応用数学、情報に関する理論、通信に関する理論など、計測、制御に関する理論など

コンピュータシステム

プロセッサ、メモリ、バス、入出力デバイス、入出力装置、システムの構成など

技術要素

ヒューマンインターフェース技術、インターフェース設計、マルチメディア技術、マルチメディア応用など

開発技術

システム要件定義、システム方式設計、ソフトウェア要件定義など

プロジェクトマネジメント

プロジェクト統合マネジメント、プロジェクト・スコープ・マネジメント、プロジェクト・タイム・マネジメンなど

サービスマネジメント

サービスマネジメント、運用設計・ツール、サービスサポート、サービスデリバリなど

システム戦略

情報システム戦略、業務プロセス、ソリューションビジネス、システム活用促進・評価など

経営戦略

経営戦略手法、マーケティング、ビジネス戦略と目標・評価、経営管理システムなど

企業と法務

経営・組織論、OR・IE、会計・財務、知的財産権、セキュリティ関連法規など

午前Ⅱ

技術要素

データベース、ネットワーク、セキュリティ

開発技術

システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術

サービスマネジメント

サービスマネジメント、システム監査

午後Ⅰ・Ⅱ

情報セキュリティシステムの企画・案件定義・開発・運用・保守、情報セキュリティの運用、情報セキュリティ技術、開発の管理、情報セキュリティ関連の法的要求事項など

免除科目

下記の試験に合格又は基準点を得れば2年間、午前Iの科目免除が受けられる

  • 応用情報技術者試験に合格
  • いずれかの高度情報処理技術者試験に合格
  • いずれかの高度情報処理技術者試験の午前Iに基準点以上

合格基準

  • 午前Ⅰ:満点の60%以上
  • 午前Ⅱ:満点の60%以上
  • 午後Ⅰ:満点の60%以上
  • 午後Ⅱ:満点の60%以上

受験者数・合格率

実施時期 応募者数 合格率
2016年 59,356人 14.9%
2015年 55,613人 15.6%
2014年 14.0%
2013年 13.9%

試験の難易度

合格率は10%程と難易度の高い資格と位置付けられますが、論文試験がありませんので、他の高度情報処理試験に比べると若干ですが難易度は下がります。

試験の勉強

午前試験に関しては、翔泳社から出版されている「情報処理教科書 情報セキュリティスペシャリスト」は、情報セキュリティスペシャリストに必要な知識を学ぶのに最適なテキストで、ボリュームを多いのでオススメできます。

一度の試験での合格は難しいので、まずは午前の試験に標準を絞って勉強した方が良いかもしれません。

勉強法 情報セキュリティスペシャリスト 勉強法
テキスト 情報処理教科書 情報セキュリティスペシャリスト
問題集 情報セキュリティスペシャリスト 過去問
資格講座 資格の大原

資格を活かせる仕事

IT企業(特に開発、運用・保守の分野)で活躍することができます。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★★★5

えい 30代男性(会社員)
2015年8月30日

メリットの高い資格
情報セキュリティスペシャリスト試験は情報セキュリティに関する専門的な能力を認定する国家資格です。
私は企業の情報セキュリティ対策として受験しましたが、同様なことを考えている人が多いようで受験者数は年々上昇しているようです。
試験の難易度は情報セキュリティに関する資格の中では国内最高峰ということもあり非常に高く、システムエンジニアのような専門職に就いている人でも簡単に合格することはありません。
しかし、この試験に合格すると情報セキュリティに関してはスペシャリストと自他共に認められることから、メリットは高いと感じられます。
※2018年01月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク