米国公認会計士試験の難易度・合格率・日程など

資格名  米国公認会計士
評価
資格種別 公的資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 概ね4年制の大学を卒業、卒業見込みのある者
試験方法 CBT試験
試験場所 米国、東京、横浜、大阪のプロメトリックテストセンターで実施
試験日程 年4回実施
申込期間 随時
合格発表 発表時期は不明
受験料 $500
問い合わせ先 プロメトリックRRC予約センター

概要

米国公認会計士

米国公認会計士とは、米国各州が認定する公認会計士資格で、2011年から日本でも受験できるようになりました。

試験内容

試験はCBTにて行われます。

免除科目

なし

合格基準

概ね各科目75%以上の正答率

受験者数・合格率

日本人の合格率は60%程と言われています。

試験の難易度

試験は全て英語で行われ難易度も非常に高い試験になります。但し、日本の公認会計士に比べると難易度は劣ります。

試験の勉強

独学での取得は難しいので、スクールや通信講座にて取得することをオススメします。

勉強法 米国公認会計士 勉強法(準備中)
テキスト 米国公認会計士 テキスト
問題集 米国公認会計士 問題集
通信・通学講座 アビタス
資格の大原

資格を活かせる仕事

米国各州が認定する公認会計士資格で、世界で最も認知度の高い会計士資格と言われているので、海外での会計職への就職・転職にには大いに活用することが出来ます。

その他、日本でも外資系企業の会計職で活躍することも可能だしそちらの方が現実的です。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク