ビジネス文書検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ビジネス文書検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験
試験場所 全国各地
試験日程 7月・12月上旬(年2回実施)
申込期間 試験の約3ヶ月前から1ヶ月前まで
合格発表 試験の約1か月後を目途に発表
受験料 1級:5,000円
2級:3,800円
3級:2,600円
問い合わせ先 公益財団法人 実務技能検定協会
スポンサーリンク

概要

ビジネス文書

ビジネス文書検定とは、ビジネスで使われる基本的な文書能力を問う試験で、「公益財団法人 実務技能検定協会」が実施しています。

社内や取引先とのコミュニケーションを取るうえでメールや礼状などの文章作成能力は必須になりますので、積極的に取得しておきたい資格の一つと言えるでしょう。

試験内容

Ⅰ.表記技能/正しい用字や用語が使える。ビジネス文書の書式等について知っている。

Ⅱ.表現技能/正確で分かりやすい文章や礼儀正しい文章が書ける。

Ⅲ.実務技能/社内文書や社外文書が書ける。文書の取り扱い等についての知識がある。

免除科目

なし

合格基準

各領域において,それぞれの得点が60%以上

受験者数・合格率

2016年7月

区分 受験者数 合格率
1級 347人 28.5%
2級 1,172人 58.4%
3級 3,535人 85.4%

2015年12月

区分 受験者数 合格率
1級 330人 24.8%
2級 2,000人 56.1%
3級 3,531人 77.8%

試験の難易度

ビジネス文書を作成する上で基本的な文章作成能力を問う試験になるので、独学でも十分取得可能です。

難易度が気になる方は、当協会のホームページ内に過去問の一部が掲載されているので確認してみて下さい。

試験の勉強

まずはタイピング力を鍛えることが重要になります。その上で、筆記試験対策として過去問を中心に問題に慣れることが重要になります。

勉強法 ビジネス文書検定 勉強法
テキスト ビジネス文書検定 テキスト
問題集 ビジネス文書検定 過去問

資格を活かせる仕事

ビジネス文書能力はどの職種・業種でも通用するので、取得しておいて損は無いでしょう。

但し、裏を返せば特化した資格では無いので、就活ではある程度有効になることもありますが、転職活動で有利になることはほとんどありません。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク