衛生管理者試験の難易度・合格率・日程など

資格名 衛生管理者
評価
資格種別 国家資格
資格法令 必置資格
資格区分 第一種、第二種
受験資格 大卒、短大、高専卒者:1年以上の実務経験
高卒者:3年以上の実務経験
それ以外:10年以上の実務経験
試験方法 筆記試験
試験場所 安全衛生技術センター
試験日程 毎月
申込期間 試験開始の2ヶ月前~14日前まで
合格発表 試験の日に合格発表日を告知
受験料 6,800円
問い合わせ先 安全衛生技術センター
スポンサーリンク

概要

衛生管理者

衛生管理士とは、労働安全衛生法において定められている国家資格で、職場環境の調査を行い、衛生上の問題を解決するよう改善策を練ったり、再発防止のための統計をとったりもします。

試験は、全ての業種で扱うことが出来る「第1種」と、限られた業種の中で扱うことができる「第2種」に分かれています。

尚、50名以上の労働者がいる事業所では、衛生管理士の設置が、労働安全衛生法において義務付けられていますので、需要のある資格と言えるでしょう。

試験内容

第1種衛生管理者

  • 労働衛生(有害業務に係るもの):10問
  • 労働衛生(有害業務に係るもの以外のもの):7問
  • 関係法令(有害業務に係るもの):10問
  • 関係法令(有害業務に係るもの以外のもの):7問
  • 労働生理:10問

特例第1種衛生管理者

  • 労働衛生(有害業務に係るものに限る):10問
  • 関係法令(有害業務に係るものに限る):10問

第2種衛生管理者

  • 労働衛生(有害業務に係るものを除く):10問
  • 関係法令(有害業務に係るものを除く):10問
  • 労働生理:10問

免除科目

衛生管理者適任証書を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するものは労働衛生が免除

合格基準

  • 第1種:科目の範囲ごとに40%以上の得点率で、尚且つ合計点が満点の60%以上の得点率
  • 第2種:科目ごとに40%以上の得点率で、尚且つ合計点が満点の60%以上の得点率

受験者数・合格率

第一種

実施時期 受験者数 合格率
2015年 55,129人 55.5%
2014年 53,111人 56.3%
2013年 54,499人 54.7%
2012年 55,080人 53.9%
2011年 54,169人 50.2%
2010年 53,714人 51.7%
2009年 54,140人 57.8%
2008年 58,362人 57.3%

第二種

実施時期 受験者数 合格率
2015年 25,716人 66.0%
2014年 25,069人 69.3%
2013年 26,555人 67.3%
2012年 26,960人 66.2%
2011年 25,950人 62.2%
2010年 25,403人 65.7%
2009年 26,821人 67.6%
2008年 27,966人 68.5%

試験の難易度

2~3ヶ月程度の勉強時間で取得できるレベルの資格なので、国家資格の中ではかなり簡単な試験に分類されます。

試験の勉強

それほど難しい試験では無いので、過去問を中心に勉強して解説でも分かりにくい箇所は、ネットやら参考書を購入して基礎を勉強する勉強法が最も効率的だと考えられます。

独学で十分取得可能ですが、勉強の苦手な方や出来るだけ短期での取得を目指す方は、通信スクールを利用するのも一つの手でしょう。

勉強法 衛生管理者 勉強法
テキスト 衛生管理者 テキスト
問題集 衛生管理者 過去問

通信講座の紹介

先ほども言いましたが、 衛生管理者試験はそれほど難しい試験ではありませんので、講座を受講せずとも独学でも十分取得可能な試験です。

ただ、少しでも合格できる確率をアップさせたいのであれば「ユーキャンの衛生管理者講座」の受講を考えてみて下さい。ユーキャンのテキストは図解やイラストが豊富に使われているので、勉強嫌いな方でも勉強しやすいです。

資格を活かせる仕事

常時50人以上の労働者を使用する事業場において衛生管理者の専任が義務付けられているので、その需要は高いです。

資格を持っていなくても職場で取得を義務付けられることもあるので、重宝される資格の一つと言えるので、就職や転職で大いに活躍できるでしょう。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★☆☆3

後藤(-)
2016年7月6日

会社の事業拡大のために、急遽取得しろと上司に言われ独学で1ヶ月勉強して、一回目の試験で見事合格できました。
しかし、これから新たにこの資格に挑戦する皆様にご報告(大げさかな?)いたします。
正直、私が受験したとき「過去問」を集中的に勉強して挑みましたが、実際の試験では過去問がほとんど出題されておらず(過去問集に載っていた問題は4~5問位しか出てなかった)新問が過半数以上を占める割合で出題されていました。
もっとも、単に受験のタイミングが悪かっただけかも知れませんが・・・
まぁ、とにかく、単純に過去問だけを覚えるのではなく、各法令などを「広く浅く」覚えられるところは「できるだけ深く」覚えてから試験に臨んだ方が良いと思います。
※2017年01月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク