会計ソフト実務能力試験の難易度・合格率・日程など

※本試験は2015年度をもって終了しました

資格名  会計ソフト実務能力
評価【1級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級(2級は廃止)
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 会計ソフトを利用しての実技試験
試験場所 全国各地
試験日程 ①9月、②2月
申込期間 ①7月~8月、②12月~翌1月
合格発表 ①10月下旬、②3月下旬
受験料 PC持込:9,000円
PC貸与:12,000円
問い合わせ先 一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会
スポンサーリンク

概要

会計ソフト実務能力試験とは、2009年から実施している試験で、旧資格は「パソコン財務会計主任者試験」になります。会計ソフトに関する正しい知識と実務能力を問う試験で、「コンピュータソフトウェア協会」が実施しています。

尚、2013年度より2級は廃止されましたので、現在は1級のみの実施となります。試験の知名度はそれほどありませんので、就職や転職に有利になることはあまり考えられませんが、実務で活用できる会計ソフトの基礎知識を得ることが出来ますので、会計のスペシャリストを目指す人は受験しておいて損は無いと思います。

試験内容

会計ソフトの操作(会社データ作成、導入処理、日常処理、月次処理、決算処理、年度更新処理、集計・分析その他)

免除科目

なし

合格基準

60%以上の正解率

受験者数・合格率

1級 受験者数 合格率
2014年 419人 69.7%
2013年 269人 55.3%
2012年 446人 64.3%
2011年 392人 62.5%
2級 受験者数 合格率
2012年 588人 83.0%
2011年 694人 79.5%

試験の難易度

過去の合格率を見てもらえば分かりますが、それほど難しい試験ではありませんので、会計処理の実務経験が無くても独学で毎日2時間程度で1ヶ月ぐらいの勉強期間があれば十分取得可能です。

実際に試験で使う会計ソフトにより難易度が変わります。

試験の勉強

マイナーな資格になるので、テキストが少ないですが、当協会が出している公式ガイドブックがあるので、勉強しやすでしょう。

スピードが要求されるので、とにかく模擬問題を徹底的にこなしてスピードを付けることが重要になります。

勉強法 会計ソフト実務能力 勉強法(準備中)
テキスト 会計ソフト実務能力 公式ガイドブック

資格を活かせる仕事

日商簿記と同様に会計(税理士)事務所であったり、企業の経理課などで活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク