労働者派遣契約責任者検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 労働者派遣契約責任者検定
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 20歳以上
試験方法 筆記試験(択一式)
試験場所 札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、福岡
試験日程 2月・8月(年2回実施)
申込期間 試験の約2週間前まで
合格発表 試験の約2週間後を目途に発表
受験料 8,000円
問い合わせ先 NPO法人 人材ビジネスコンプライアンス推進協議会
スポンサーリンク

概要

労働者派遣契約責任者

派遣検定(労働者派遣契約責任者検定)とは、労働者派遣にかかわる関係法令の知識をはかるために行われる検定試験で、「人材ビジネスコンプライアンス推進協議会(CPC)」が実施しています。

これまで、労働者派遣に従事する派遣元企業の業務担当者が多く受験しており、2014年2月現在で、累計4,000人以上の受験者がチャレンジしています。

勉強法としては、労働者派遣元責任者講習のテキストを中心に勉強することをオススメします。

コンプライアンス能力の向上をはかる当試験は、実務的なスキルを身に付けるのに最適な資格になりますので、派遣業界に興味のある学生も積極的に取得しておきたい資格の一つと言えるでしょう。

試験内容

択一式のマークシート形式(計50問・90分)

労働者派遣法、労働基準法、安全衛生法、個人情報保護法、社会保険などの事項

免除科目

なし

合格基準

100点満点中80点以上

受験者数・合格率

近年の合格率は40%程になります。

試験の難易度

それほど難しい試験ではありませんが、気になる方は人材ビジネスコンプライアンス推進協議会のホームページ内に過去問が掲載されているので、確認してみて下さい。

試験の勉強

まずは派遣元責任者講習のテキストを中心に勉強されることをお勧めします。

労働者派遣契約責任者検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

人材派遣企業で活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク