知的財産管理技能士試験の難易度・合格率・日程など

資格名  知的財産管理技能士
評価【3級】
資格種別 国家資格
資格法令 名称独占資格
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 1級:2級合格+知的財産業務の実務経験1年以上、知的財産業務の実務経験4年以上などのいずれか
2級:3級合格者、知的財産業務の実務経験2年以上、ビジネス著作権検定上級の合格者などのいずれか
3級:知的財産業務に従事している、または従事予定の者
※詳しくは知的財産教育協会のホームページでご確認ください
試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 全国主要都市
試験日程 3月・7月・11月(年3回実施)
申込期間 試験の約1ヶ月前まで
合格発表 試験の約1か月半後を目途に発表
受験料 1級:学科試験:8,900円、実技試験:23,000円
2級:学科試験:7,500円、実技試験:7,500円
3級:学科試験:5,500円、実技試験:5,500円
問い合わせ先 一般社団法人 知的財産教育協会
スポンサーリンク

概要

知的財産

知的財産管理技能士とは、企業での特許や商標、著作権などの知的財産の管理に伴う知識を問う試験で、「知的財産教育協会」が実施している国家資格になります。

資格を取得することにより、これらの業界での就職、転職、再就職、キャリアアップに利用することができますし、知的財産に関して日常生活に役立つ知識が身に付けることが出来ます。

また、資格手当を支給する企業や団体もあるので、積極的に取得したいですね。

尚、知的財産管理技能士は名称独占資格になりますので、資格を取得しなければ知的財産管理技能士と名乗って業務を行うことができませんので注意が必要です。

試験内容

1級(特許専門業務)

学科試験(4肢択一式)

リスクマネジメント、契約、エンフォースメント、資金調達、価値評価、関係法規、特許専門業務

実技試験

特許戦略、法務、リスクマネジメント、情報・調査、国内特許権利化、外国特許権利化、契約、エンフォースメント、資金調達 、価値評価

1級(コンテンツ専門業務)

学科試験(4肢択一式)

リスクマネジメント、契約、エンフォースメント、資金調達、価値評価、関係法規、コンテンツ専門業務

実技試験

コンテンツ開発戦略、リスクマネジメント、コンテンツ創造支援、コンテンツ保護、契約、エンフォースメント、資金調達、価値評価

1級(ブランド専門業務)

学科試験(4肢択一式)

リスクマネジメント、契約、エンフォースメント、資金調達、価値評価、関係法規、ブランド専門業務

実技試験

ブランド戦略、リスクマネジメント、情報・調査 、国内権利化、外国権利化、契約、エンフォースメント、資金調達、価値評価

2級

学科試験(4肢択一式)

戦略、法務、リスクマネジメント、調査、ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント、関連法規

実技試験

戦略、法務、リスクマネジメント、調査、ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント

3級

学科試験(4肢択一式)

ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント、関連法規

実技試験

ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント

免除科目

あり

合格基準

  • 1級:学科試験:満点の80%以上、実技試験:満点の60%以上
  • 2級:学科試験:満点の80%以上、実技試験:満点の60%以上
  • 3級:学科試験:満点の70%以上、実技試験:満点の70%以上

受験者数・合格率

合格率は1級で10%程、2級で30%程、3級で70%程になります。

試験の難易度

3級に関しては知的財産の基礎的な知識を問う試験になるのでそれほど難しくありません。1ヶ月(100時間)程度の勉強時間があれば、全く知識が無い方でも十分合格を狙えるレベルに達することができます。

試験の勉強

2級と3級に関しては公式テキストがあるので勉強はしやすいでしょう。公式テキストでほぼ全ての試験範囲を網羅しているので、模擬試験を含めて最低でも2~3回は復習して勉強しましょう。

HP内に3回分の過去問もダウンロードできるので併せて活用して下さい。

勉強法 知的財産管理技能士 勉強法
テキスト 知的財産管理技能士 テキスト
問題集 知的財産管理技能士 問題集

通信講座の紹介

ユーキャンの知的財産管理技能士講座(2級)」では6ヵ月の学習カリキュラムが組まれているので、短期間で2級取得を目指している方にはお勧めです。

資格を活かせる仕事

あらゆる業界の知的財産課、または特許事務所などで活躍することが出来ます。

知的財産管理技能士の仕事は多岐に亘りますが、一番多い勤務先は企業の法務部です。そこで、特許戦略の立案の仕事をするのが代表的な仕事となります。

特許は出来上がった製品に対してではなく、その製品を作り上げるに当たって使われる「技術」を特許申請する事になります。しかし、技術は1つではなく、製品は幾つもの技術が合わさって出来上がっている物です。

そこで、どの部分の技術を特許申請するのかが最も大事な点となります。

そして、特許を取得出来た後、出願公開をしなくてはいけませんが、いつ公開すれば特許化された技術を他社に真似されないか、その監視体制についても考えなくてはなりません。

知的財産管理技能士は、こういったところまで決めるのが主な仕事です。

知的財産管理業務を行っている人の平均年収は男性で610万円程、女性だと410万円程度になります。専門的な業務になるので、一般的なサラリーマンに比べると年収水準は高くなります。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★☆☆3

神奈川大学卒の介護職員 30代男性(会社員)
2018年4月12日

3級の方が苦戦しました
3級はビジネス実務法務検定2級で得た知識しか無い状態でTACの学科・実技に分かれてる問題集を使い勉強しましたが専門的な用語が多くてなかなか理解できず学科は1発で受かりましたが実技はユーキャンのテキストと問題集が一緒になっている本も勉強して3回目でやっと取りました。2級はTACの学科と実技に分かれている問題集に加え新しく基本テキストみたいなのが出たのでその3冊とユーキャンの書籍を勉強しました。範囲が広いので1回目の受験は学科の勉強のみ行い実技は試験問題を持ち帰るためと割り切りほとんど勉強しませんでした。そのため1回目で学科のみ合格し2度目で実技を取りました。3級で時間がかかった分用語になれたので2級の方がスムーズに取れました。現在は介護の仕事をしているので直接は役には立ちませんが他の法律・情報・経営系の資格を取る際に大いに役立つと思います。メーカー等の会社員の方は単体でもそれなりに評価されるのではないかと思います。国家資格ですしね。

お勧め度 ★★★★☆4

武本 20代男性(会社員)
2015年11月1日

日常業務でも活かすことが出来る
近年、企業活動において重要度が増している「知的財産(特許・商標など)」に関する技能試験です。1~3級まで難易度ごとに分かれています。知財関連の資格としては弁理士資格がありますが、これは司法試験とも並ぶ超難関資格で、しかも専門士業の資格なので、なかなか一般の会社で活かしきれない場合が多いです。その点、この資格は知財の実務面に特化した技能資格なので、独占的な業務はないものの、汎用的な資格として一般企業の日常業務に活かすことができます。

お勧め度 ★★★★★5

もう子 30代女性(主婦)
2015年1月4日

キッカケ
勉強を始めたきっかけは、就職してメーカーの知的財産部に配属されたことです。1級、2級、3級とあり、1級は相当の難易度です。知的財産関連なら弁理士という超難易度の高い試験がありますが、ちょっとそれは難しいけれど基礎知識を身に着けたいという方におすすめです。年3回の受験機会があり、2級と3級は筆記試験ですが、1級には筆記+口頭試問があり、自分は断念しました。2級は数カ月テキストを勉強すれば身に着くレベルです。
※2018年04月12日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク