ジャンル別の資格一覧

gengo2

語学の資格(32)

語学の資格と言えば、日本語を対象にした漢検や日本語検定、英語を対象にした英検やTOEICがメインになる。旅行などの趣味の為に取得するする人も多い。

jimu

事務の資格(47)

秘書検定や簿記検定など、就職や転職に有利になる資格が多い。税理士や社労士などの業務独占資格は企業から重宝されるので積極的にチャレンジしたい資格の一つ。

it

ITの資格(43)

IT資格の登竜門であるITパスポートや基本情報技術者試験から、プロジェクトマネージャー試験やシステムアーキテクト試験など高難易度の資格を掲載。

houritu

法律の資格(7)

法律の資格は絶望的に暗記問題が多く、法律に関する専門的な知識が必要になるので、他のジャンルに比べると難易度は高い。合格するには相当の覚悟が必要。

tian

治安の資格(10)

日本の治安を守る仕事は、警察官や刑務官、皇宮護衛官など国家公務員が多い。このサイトで紹介している資格数は少ないが、どれも重要な資格と言える。

norimono

船・航空・車の資格(24)

運転系の資格が多いジャンルになるので、国家資格が多いのが特徴。仕事に直結する資格が多いので、就職や転職に有利になる資格が多い。

kentiku

建築・電気の資格(46)

家を設計する設計士、不動産取引業に対して欠かせない資格である宅建士、電気工事を行う際に電気工事士など、皆が安全に快適に生活する為に必要な資格。

kankyou

環境・自然の資格(20)

公害防止管理者や作業環境測定士、eco検定など地球の環境を守るための資格が多い。地味な資格が多いが企業から重宝されるジャンルの一つ。

hoan2

保安・技術の資格(29)

地味な印象のあるジャンルですが、危険物取扱者やボイラー技士を筆頭に、企業から重宝される資格が多いので、学生時代から積極的に取得しておきたいジャンルの一つ。

kurie-ta-

クリエイターの資格(25)

民間企業が実施している資格が多い。クリエータの資格は独創性が求められるので、一般的な知識を問う資格を取得しただけでは就職や転職は厳しい。

iryou

医療の資格(38)

人の為になる資格ですが、人の命を預かる分、資格取得までに要する時間が長い資格が多い。医師や看護師、薬剤師など大学卒が必須の資格が多い。

kaigo

介護・福祉の資格(15)

個人的には最も重要視しているジャンル。介護系の職種は売り手市場なので無資格でも仕事に就きやすいが、収入アップの為には、ダブルライセンスを目指そう。

kyouiku

教育の資格(15)

このジャンルに関しては、小学校や中学校の教員免許がメインになるが、ベビーシッターやチャイルドマインダーなど赤ちゃんを対象にした資格が注目。

doubutu

動物の資格(10)

大好きなペットと仕事をする際に必要になる資格。独学でも取得可能な資格もあるが、基本的にはスクールや専門学校に通って取得を目指す。

biyou

美容の資格(12)

若い女の子を中心に人気のあるジャンル。特に美容師試験は年間2万人以上がチャレンジしている。実技が多いので独学での取得が難しい資格が多い。

ihuku

衣服の資格(11)

ファッション関係の大学や専門学校に通っている学生を対象にした資格が多いが、残念ながら就活で有利になる資格はそれほどないのが現状。

ryouri

料理の資格(45)

生活する上で必須の「衣食住」の一端を担う料理の資格は、需要が高まっているジャンル。簡単に取得できる資格が多いので、趣味レベルで取得を目指す人も多い。

seikatu

生活の資格(26)

消費生活アドバイザーや相続診断士、DIYアドバイザーなど、生活で直結する資格を掲載。まだ資格の数は少ないが、今後ドンドン増やしていく予定。

sport

スポーツの資格(43)

プロスポーツ選手として活動する場合、プロゴルファーやプロボクサーなどは資格(プロライセンス)を取得しなければいけない。指導者や審判員の資格もある。

syumi

趣味・娯楽の資格(57)

ハッキリ言って、就職や転職で有利になる資格はほとんど無い。しかし、楽しく資格にチャレンジすることも時には必要。趣味を広げる良いチャンス。

sonota

その他の資格(27)

どのジャンルにも属さない資格を掲載。該当するジャンルで見つからなかった場合はここを見てみよう。一例で言えば賞状技法士や毛筆書写検定など。

※2016年12月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク