環境・自然の資格一覧

国家資格

公的資格

民間資格

環境・自然の資格について

環境の資格と言っても様々なタイプの資格が存在しますが、大きく分けて5つの種類に分類することができます。

  1. 環境汚染物質の発生を防止する為の資格
  2. 環境に対するデータや統計を調査する為の資格
  3. 廃棄物やリサイクルに関する資格
  4. 食品や製品の安全性に関する資格
  5. 自然保護に関する資格

どれも環境を守る為には大切な資格ですが、その中でも①の「環境汚染物質の発生を防止する為の資格」が今の日本で一番注目されているのではないでしょうか。

2011年に起きた「東北地方太平洋沖地震」の影響によって原発のあり方を、専門家だけではなく、皆さん国民も考えさせられましたよね。

原発の問題を始め、風力や太陽光を使っての再生エネルギーの開発や産業処理物の考え方など、環境に関わる仕事を行うには、かなりの専門知識が必要になります。

その専門知識の認定をするのが資格になりますが、環境の資格と言っても様々な種類の資格が存在しており、どれも専門的な知識を要するため、簿記や情報処理、英検の様に就職・転職の際にオールマイティーで活躍できる資格ではないことを覚えておきましょう。

環境問題は日本だけではなく、世界中で問題になっており、環境対策を後回しにする企業は生き残れないとまで言われています。環境対策に力を入れるということは、それだけ予算が注ぎ込まれるということなので、自然とそうい雇用も増えていきます。

2020年の環境市場規模は、2007年の70兆円に比べて、倍近い120兆円に膨れ上がると言われていますので、今後ますます、環境に対する仕事や資格が注目されていくことでしょう。

※2016年12月27日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク