建築・電気の資格一覧

国家資格

公的資格

民間資格

就・転職で有利になる資格が多い

建築系の資格は、その資格が無ければ仕事をすることができない「業務独占資格」や、その資格が無ければ名乗ることができない「名称独占資格」が多く、企業から重宝されることが多いです。

資格を持っていれば実務未経験でも採用されやすいし、資格手当が支給され給料アップを期待することもできるので、建築業界で活躍したいのであれば、就きたい仕事の業務に直結する国家資格はできるだけ早い段階で取得しておいた方が良いです。

宅建士は合格率ほど難しくない

宅建士は、不動産取引業をしている会社に就職する際に必須となる資格ですが、合格率が毎年15%程しかないので、チャレンジする前に挫折する人も多いです。

確かに法律(宅地建物取引業法)の知識が必要になるので、法律の知識に疎い方であれば敷居が高いかもしれません。ただ、人気のある資格になるので、学生や主婦など実務未経験の受験者が多く、更に大した勉強もしないまま受験する方も多いので、合格率ほど難しい試験ではありません。

独学での取得は難しいかもしれませんが、資格に特化した通信講座やスクールも多くあるので、仕事をしながらでも十分取得可能です。

※2017年10月22日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク