一級建築士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 一級建築士
評価
資格種別 国家資格
資格法令 業務独占資格
資格区分 なし
受験資格 ・二級建築士として建設実務通算が4年以上
・建築設備士として建築に関わる実務経験が4年以上
・国土交通大臣が指定する建築に関する科目を修めて卒業後、所定の実務経験
試験方法 学科試験、設計製図試験
試験場所 全国47都道府県
試験日程 学科試験:7月
設計製図試験:10月
申込期間 5月上旬~中旬頃まで
※インターネット申し込みは4月中旬~下旬頃まで
合格発表 学科試験:9月
設計製図試験:12月
受験料 19,700円
問い合わせ先 公益財団法人 建築技術教育普及センター
スポンサーリンク

概要

1級建築士

一級建築士とは、国土交通大臣の免許を受けて、設計や工事監理等の業務を行う者のことを言い、二級建築士では扱うことの出来ない大型建物(延べ面積500m2)の設計や工事管理も行うことができます。

試験は、学科試験と設計製図試験に分かれていますが、先に学科試験に合格しなければ設計製図試験を受験することはできません。

試験内容

学科試験(四肢選択:125問/6時間30分)

建築計画、建築積算等、環境工学、建築設備(設備機器の概要含む)など、建築法規等、建築力学、建築一般構造、建築材料等、建築施工など

設計製図試験(1課題/6時間30分)

事前の公示課題で設計製図を行う

免除科目

学科試験にのみ合格した場合は、以降2年間に関しては学科試験が免除されます。

合格基準

  • 学科試験:125点満点中、およそ87~97点以上
  • 設計製図試験: 一級建築士として備えるべき「建築物の設計に必要な基本的かつ総括的な知識及び技能」を有することを認められたもの

受験者数・合格率

2016年

区分 受験者数 合格率
学科試験 26,096人 16.1%
設計製図試験 8,653人 42.4%
総合 12.0%

2015年

区分 受験者数 合格率
学科試験 25,804人 18.6%
設計製図試験 9,308人 40.5%
総合 12.4%

2014年

区分 受験者数 合格率
学科試験 25,395人 18.3%
設計製図試験 9,460人 40.4%
総合 12.6%

2013年

区分 受験者数 合格率
学科試験 26,801人 19.0%
設計製図試験 9,830人 40.8%
総合 12.7%

2012年

区分 受験者数 合格率
学科試験 29,484人 18.2%
設計製図試験 10,242人 86.1%
総合 12.4%

試験の難易度

試験難易度は非常に高いですが、学科試験を取得してから2年間は学科試験が免除されますので、1年での取得は考えずに一つ一つ確実に合格できるように対策した方が得策です。

試験の勉強

簡単な試験ではありませんので過去問や練習問題を徹底的にこなしてコツコツ勉強していくしかありません。

勉強法 一級建築士 勉強法
テキスト 一級建築士 テキスト
問題集 一級建築士 過去問

資格を活かせる仕事

建築事務所で勤務するのが一般的になりますが、経験を積めば独立開業も可能なので夢はあります。

収入に関しては、2015年の一級建築士の平均年収は677万円になりますので、一般的な会社員に比べると100万円以上も高収入になっています。

ただ、この平均年収には独立している人も含まれていますので、建築事務所で勤務している人の平均年収だともっと低くなります

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年05月30日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク