ダム管理技術士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ダム管理技術士
評価
資格種別 民間資格
資格法令 なし
資格区分 なし
受験資格 下記参照
試験場所 学科:東京(水道橋)
実技:一般財団法人 全国建設研修センター
試験日程 学科:7月下旬
実技:10月上旬~12月上旬の中で3日間
申込期間 4月上旬~5月中旬
受験料 学科:10,000円
実技:46,000円
問い合わせ先 一般財団法人 水源地環境センター
スポンサーリンク

概要

ダム管理技士は、一般財団法人水源地環境センターが実施してきた資格試験です。平成17年度からは国土交通大臣が認定する資格を、同センターが実施している形になっています。

ダムそのものやダム周辺の法律知識、器械、器具と言ったことから、ダム貯水池の状態を正しく把握するのに必要な水質汚濁の知識や、気象のダムへの影響などについての知識が問われます。

現在、この資格取得者はダム管理の現場で活躍しており、資格保有者は、利水ダムの管理主任技術者になる際に必要となる実務経験年数が短くなります。

試験は学科試験と実技試験があります。学科試験合格者のみが実技試験に進むことができます。

実技試験では、ダム洪水時を想定してダム管理用制御処理設備をどう操作するかを見られたり、ダム管理に必要な計算力や判断力を確かめられたりします。

実技試験合格後、ダム管理技士登録簿に登録することで、資格が与えられます。そして、資格取得後は5年ごとに更新する必要があります。

受験資格

満21 才から65 才までで尚且つ下記条件(実務経験)をクリアする必要があります。

【大学(短大)、高等専門学校卒業者】

  • 土木工学に関する課程を修めて卒業した場合:2年以上
  • それ以外:3年以上

【高等学校卒業者】

  • 土木工学に関する課程を修めて卒業した場合:3年以上
  • それ以外:4年以上

【それ以外】

  • 8 年以上(うち、ダム管理業務が 3 年以上)

試験内容

学科試験

筆記(択一式、○☓式、記述式)で行われます。

  • ダムに関する法律制度に関する事項
  • ダム及びその附帯設備並びにダムを操作するために必要な機械、器具等に関する事項
  • ダム貯水池における水質汚濁、地すべり、堆砂等に対する対策に関する事項
  • ダムを操作するために必要な気象及び水象に関する情報の収集及び解析並びにダムの操作に関する事項

実技試験

学科試験合格者のみ受験可能です。

ダム管理用シミュレータによる洪水時等のダム操作、管理に必要な予測計算、判断力等について、3 日間にわたり実施されます。

免除科目

当該年度の学科試験に合格し、実技試験に不合格となった者については、次年度に限り学科試験を免除されます。

合格基準

不明

受験者数・合格率

調査中

試験の難易度

調査中

試験の勉強

準備中

資格を活かせる仕事

ダム管理支援業務で活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年10月21日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク