採石業務管理者試験の難易度・合格率・日程など

資格名 採石業務管理者
評価
資格種別 国家資格
資格法令 必置資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験
試験場所 全国各地
試験日程  10月(年1回実施)
申込期間 各都道府県の環境部などにお問い合わせください
合格発表 各都道府県の環境部などにお問い合わせください
受験料 8,000円
問い合わせ先 各都道府県の環境部など(HPなし)
スポンサーリンク

概要

採石

採石業務管理者とは、昭和25年に制定された採石業について定めた法律である「採石法」に基づき、業者の自主的災害防止能力の確保や、岩石の採取に伴う災害の防止に関する職務を行う者のことを言います。試験は都道府県知事が行います。

尚、採石業を行う為には、その事務所に必ず採石業務管理を置かなければいけませんので、建設・土木業界、砂利採取業界から求められている資格の一つと言えるでしょう。

試験内容

岩石の採取に関する法令

採石法とその関係政省令全般、砂利採取法、環境基本法、大気汚染防止法など

岩石の採取に関する技術的な事項

岩石採掘に関する知識と技能、発破に関する知識や技能、脱水ケーキの処理に関する知識と技能など

免除科目

不明

合格基準

各科目およそ70%以上の正解率

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2015年 1,634人 37.0%
2014年 1,612人 36.5%

試験の難易度

国家試験の中でも比較的難易度は低いです。

試験の勉強

勉強法 採石業務管理者 勉強法(準備中)
問題集 採石業務管理者 問題集

資格を活かせる仕事

採石採取会社などで活躍することができます。

口コミ・体験談

お勧め度 ★☆☆☆☆1

ながれん 40代男性(会社員)
2017年6月3日

興味本位で取得しました。
試験対策はテキストを読んで過去問をやるだけで合格、受験者も20名弱で、思ったよりも少なめでした。難易度も普通レベルです。

※2017年06月03日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク