日本語教育能力検定試験の難易度や合格率・日程など

資格名 日本語教育能力検定
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験(試験I、試験II、試験III)
試験場所 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
試験日程 10月下旬(年1回実施)
申込期間 6月下旬~8月中旬
合格発表 12月中旬
受験料 10,600円
問い合わせ先 公益財団法人 日本国際教育支援協会
スポンサーリンク

概要

日本語教育能力検定試験とは、外国人に対して日本語を教える能力を問う試験で、「公益財団法人 日本国際教育支援協会」が実施している民間資格になります。

日本語教員として従事している教職員の力量を客観的に判断することができますので、多くの毎年4,000人以上の受験者がチャレンジしています。

試験内容

社会・文化・地域

世界と日本

諸外国・地域と日本、日本の社会と文化

異文化接触

異文化適応・調整、人口の移動(移民・難民政策を含む。)、児童生徒の文化間移動

日本語教育の歴史と現状

日本語教育史、日本語教育と国語教育、言語政策、日本語の教育哲学、日本語及び日本語教育に関する試験、日本語教育事情:世界の各地域,日本の各地域

日本語教員の資質・能力

言語と社会

言語と社会の関係

社会文化能力 、言語接触・言語管理、言語政策、各国の教育制度・教育事情、社会言語学・言語社会学

言語使用と社会

言語変種、待遇・敬意表現、言語・非言語行動、コミュニケーション学

異文化コミュニケーションと社会

言語・文化相対主義、二言語併用主義(バイリンガリズム(政策))、多文化・多言語主義、アイデンティティ(自己確認,帰属意識)

言語と心理

言語理解の過程

予測・推測能力、談話理解、記憶・視点、心理言語学・認知言語学

言語習得・発達

習得過程(第一言語・第二言語)、中間言語、二言語併用主義(バイリンガリズム)、ストラテジー(学習方略)、学習者タイプ

異文化理解と心理

社会的技能・技術(スキル)、異文化受容・適応、日本語教育・学習の情意的側面、日本語教育と障害者教育

言語と教育

言語教育法・実技(実習)

実践的知識・能力、コースデザイン(教育課程編成),カリキュラム編成、教授法、評価法、教育実技(実習)、自己点検・授業分析能力、誤用分析、教材分析・開発、教室・言語環境の設定、目的・対象別日本語教育法

異文化間教育・コミュニケーション教育

異文化間教育・多文化教育、国際・比較教育、国際理解教育、コミュニケーション教育、異文化受容訓練、言語間対照、学習者の権利

言語教育と情報

データ処理、メディア/情報技術活用能力(リテラシー)、学習支援・促進者(ファシリテータ)の養成、教材開発・選択、知的所有権問題、教育工学

言語一般

言語の構造一般

言語の類型、世界の諸言語、一般言語学・日本語学・対照言語学、理論言語学・応用言語学

日本語の構造

日本語の構造、音声・音韻体系、形態・語彙体系、文法体系、意味体系、語用論的規範、文字と表記、日本語史

コミュニケーション能力

受容・理解能力、言語運用能力、社会文化能力、対人関係能力、異文化調整能力

免除科目

なし

合格基準

非公開

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2016年 4,909人 25.1%
2015年 4,727人 23.0%
2014年 4,363人 23.5%
2013年 4,378人 22.9%
2012年 4,829人 23.0%
2011年 5,732人 26.6%
2010年 5,616人 21.3%
2009年 5,203人 23.4%
2008年 4,767人 21.4%
2007年 4,793人 20.5%
2006年 5,317人 21.2%

試験の難易度

合格率を見てもらえば分かりますが、決して簡単な試験ではありません。

試験の勉強

試験範囲が広いので、まずは過去問や問題集を徹底的にこなして問題に慣れていくことが大事です。

勉強法 日本語教育能力検定 勉強法(準備中)
テキスト 日本語教育能力検定 攻略ガイド
問題集 日本語教育能力検定 問題集
通信講座 たのまなの日本語教師入門講座

資格を活かせる仕事

調査中

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月28日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク