小学校教員資格認定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 小学校教員資格認定
評価
資格種別 国家資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 ・大学(短大)に2年以上在学して62単位以上を習得、及び高専を卒業、又はこれらの者と同等の資格を有すると判断される者
・高校を卒業した者、その他大学(短大)に入学する資格を有する者で、受験年の4月1日現在の年齢が20歳以上の者
のいずれか
試験方法 筆記試験、実技試験、口述試験
試験場所 全国各地
試験日程 一次試験:9月
二次試験:10月
申込期間 6月
合格発表 一次試験:9月下旬
二次試験:11月上旬
受験料 14,600円
問い合わせ先 文部科学省初等中等教育局教職員課など
スポンサーリンク

概要

小学校教員資格認定試験とは、小学校教諭2種免許状の授与を受けるための資質を審査するための認定試験で、小学校の各教科に関する筆記試験や体育や図工などの実技試験、口述試験により合否を判断します。

試験に合格して都道府県教育委員会に申請することで、小学校教諭の二種免許状を授与されます。

試験内容

1次試験

一般教養、教職に関する科目Ⅰ・Ⅱ

2次試験

教科に関する科目、教職に関する科目Ⅲ(実技試験)、口述試験

合格基準

非公開

受験者数・合格率

合格率は10%程

試験の難易度

国家試験の中でも難しい試験に分類されます。

試験の勉強

勉強法 小学校教員資格認定 勉強法(準備中)
テキスト 小学校教員資格認定

資格を活かせる仕事

小学校の教諭として活躍することが出来ます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク