民間資格一覧

語学

IT(パソコン)

船・航空・車

事務(経営・労務など)

建築・電気

治安

法律

教育

医療

介護・福祉

環境・自然

動物

保安・技術

衣服

料理

美容

生活

クリエーター

スポーツ

健康運動指導士

アスレティックトレーナー

指導員

上級指導員

エアロビックダンスエクササイズインストラクター

プロボウラー

JAF競技運転者国内ライセンス

カート・ドライバー国内ライセンス

スノーボードインストラクター

サッカー審判員

卓球

プロボクサー

熱気球操縦技能証明

プロゴルファー

合気道

少林寺拳法

合気道

健康運動実施指導者

スポーツリーダー

ジュニアスポーツ指導員

レクリエーション・コーディネーター

スカッシュコーチ

ゲートボール審判員

フォークダンス公認指導者

サーフィン検定

スクーバダイビング国際認定証

アーチェリー

ライフセーバー

サイクリング指導者

一輪車指導員

ハングライディング教員

剣道

柔道

空手道

趣味・娯楽

その他

民間資格は、民間団体や企業などが独自に作った資格で、小さな資格も合わせると約2,500種類あるとも言われています。ですので、「TOEIC」や「介護職員初任者研修」など、国家資格並みの認知度で、就職・転職に有利になる資格もあれば、取得しても全く価値のない資格も存在します。

また、全てを企業や団体が決定できるので、利益目的として受験料を高く設定したり、受験者を多く募るために、受験資格のハードルが低い資格が多いのも、民間資格の特徴の一つだと言えます。ですので、民間資格を取得する際は、その資格を取得して自分にとってどんなメリットがある資格かどうかを、しっかりと見極めなければいけません。

※2017年10月22日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク