簡単な資格一覧


短期間の勉強期間で取得できる簡単な資格ということは、誰でも取得することができるので、資格としての価値が無い可能性が高いです。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの精神で、複数の資格を取得して、その中の一つでも当たればラッキーぐらいの考えで挑みましょう。

ここで紹介している資格は、短期間の勉強(50時間以内)で、比較的簡単に取得できる資格を紹介していますが、4級や5級と言った取得してもほとんど意味が無い資格や講習のみで取得できる資格は対象外としています。

一覧はコチラ

実用英語技能検定3級

昨今、英語は世界共通語として認識されています。

よって、英語検定を持っていれば、将来的に優遇されるかと思います。英語検定2級は、中学英語レベルと言われています。

英語検定用に作られた、問題集があるので、その問題の数をこなせば、もし、英語が苦手でも一次試験は、合格できると思います。

3級からは、2次試験もありますが、スピーキングも中学英語レベルなので合格できると思います。

>>詳しくはコチラ<<

日商簿記検定3級

簿記検定1

事務に就職する上で、大切な資格は簿記と言っても過言ではありません。

日商3級は、お金の流れの基本を学ぶことができるので、これから経理職に就きたいと思っている学生さんにはもってこいの資格です。

日商は、現金などが出てくるので、初めての方でも、興味が湧いてきて、入って来やすいと思います。

自主学習でも本を一通り目を通せば十分理解できると思います。

>>詳しくはコチラ<<

日本漢字能力検定3級

漢字は知っていて損はしないと思うので、自分の頑張り次第では、2級も夢じゃないかも。

日本人なら誰でも通る道。漢字です字を覚えることを目標にやって毎日、復習しつつ新しい漢字を覚えることにしました。

私も漢字はむづかしいし苦手でした、ですが、検定に向けて勉強するにあたって、漢字は書かないと覚えることができないので、1日10個の漢字を覚えて、かつ前日にやった漢字の復習をしました。

日本人は書いて覚える人が多いので、勉強しやすい検定だと思います。

>>詳しくはコチラ<<

会計ソフト実務能力試験

簿記の知識がなくても、取得しやすい検定が、会計ソフト実務能力試験だと思います。

また、会計ソフトは事務の実務経験がなくてもこの検定を持っているだけで、実務経験があると見なされて、就職にも有利な検定になっています。

問題を解いていけば、だいたい数字が変わるだけで、あとは問題が一緒なので、どんな問題が出るかさえ、把握できていれば難なく合格できます。

あとは、テストの少し前ぐらいから、文章問題を勉強すれば受かると思います。

1問目が論理なので、これを重点にやる必要はないです。軽くやっていれば、頭に入るので、1ヶ月もあれば合格できるでしょう。

事務の仕事をやる人は持っていて損はない資格だと思います。

>>詳しくはコチラ<<

文書処理能力検定3級

就職にあたりパソコンは使えて当たり前の時代になっており、特に表計算に関しては、文字の入力が大前提になっています。

それに加えて画像加工などもできます。文章処理の検定は、文字を時間内に打てれば、大半は大丈夫だと思います。

タッチタイピングができれば、尚、いいでしょう。早いだけでは、ダメです。正確に打つことができなれば、正解にはならないので、気をつけなければいけないところですね。

あとは、ビジネス文書の作成なので、こちらは、練習問題を繰り返し解いていけば簡単に取得できます。

>>詳しくはコチラ<<

ファイナンシャル・プランニング技能士3級

ファイナンシャルプランナーは簡単に説明すると、お金の勉強です。

この資格は保険会社で働く営業マンの多くが取得している資格になります。

税金、不動産、老後、相続などを勉強する資格になっています。すべて、お金が必要な話になっています。お金のことなので、勉強するときには、頭に残ると思います。

ファイナンシャルプランナー用のテキストがあるので、これを繰り返し繰り返しやっていけば、合格点に到達すると思います。

一次試験を合格すれば、2次試験は問題集を繰り返しやれば合格できると思います。

>>詳しくはコチラ<<

建設業経理士2級

ここ近年、建設業の仕事が増えています。

建設業で働くには、この建設業経理士という資格があったほうが就活の際に有利になるのでお勧めできます。

建設業界で働く上で必要なスキルで、経理のことも科目で出てくるので、初心者でも入って来やすいと思います、

建設業経理士の問題集があるので、過去問題などをやっていれば簡単に合格できます。

試験はパターン化されているので、数字が変わるだけなので、落ち着いて試験に挑めば合格しやすい資格だと思います。

真剣に取り組めば30~50時間机に向かえば合格できる資格とも言われています。

問題集をやれば簡単に合格できると思います。かつ合格すれば、色んな企業で働けるので、視野も広がると思います。

簡単な資格一覧

語学

実用英語技能検定3級(20~30時間)

日本漢字能力検定3級(15~30時間)

日商ビジネス英語検定3級(30~50時間)

観光英語検定3級(30~50時間)

IT(パソコン)

電子メール活用能力検定(10~15時間)

情報検索基礎能力試験(10~20時間)

日商PC検定試験3級(15~30時間)

文書処理能力検定3級(ワープロ)(20~30時間)

パソコン検定3級(30~50時間)

P検3級(30~50時間)

船・航空・車

自転車安全整備士(20~30時間)

事務(経営・労務など)

ビジネス能力検定ジョブパス3級(15~20時間)

秘書検定3級(20~30時間)

サービス接遇検定3級(20~30時間)

販売士検定3級(20~30時間)

ビジネス文書検定3級(20~30時間)

社会常識能力検定3級(20~30時間)

会計ソフト実務能力試験(30~50時間)

建築・電気

建設業経理士(30~50時間)

治安

調査中

法律

調査中

教育

調査中

医療

AED管理士初級(10~15時間)

介護・福祉

調査中

環境・自然

環境カオリスタ検定(15~20時間)

動物

調査中

保安・技術

防錆管理士(30~40時間)

衣服

ファッションビジネス能力検定3級(30~40時間)

料理

食生活アドバイザー3級(15~30時間)

美容

アロマテラピー検定2級(15~30時間)

ネイリスト技能検定試験3級(20~40時間)

生活

相続診断士(10~15時間)

クリエイター

調査中

※カッコ内は取得までの目安の勉強時間。個人差がありますので、参考程度に捉えて下さい。

※2016年12月08日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク