船・航空・車の資格一覧

国家資格

公的資格

なし

民間資格

自動車免許は就職するまでに取得しておこう

自動車運転免許(第一種)は、生活する上で欠かせない資格で、日本国内で3,000以上ある資格の中でも最も取得率が高い資格です。(と言うか免許ですが・・・)

取得する時期は皆さんそれぞれ違うでしょうが、出来れば就職するまでには取得しておいた方が良いです。

理由は二つあります。

まず一つ目は、休みを利用して一気に取得できるという点です。

自動車免許は、一発試験であれば1日で取得することも可能ですが、試験がかなりシビアなのでよほど対策を立てなければ合格はまず無理です。ですので、現実的には教習所で教習を受けながら取得を目指すのが一般的になります。

社会人になってから免許を取得するとなると、通学になると思いますが、通学だと最短でも1ヵ月程度はかかります。しかも仕事をしながら仕事終わりや休日を利用して教習を受けなければいけないので思っている以上に大変です。

残業や休日出勤が発生すれば、予約を取り消さなければいけなく思い通りにいかないことも多いです。

その点、学生であれば夏休みや春休みなどを利用して合宿で一気に取得できるので楽です。合宿だと最短2週間で取得できるし、旅行気分を満喫できるので、思い出にも残ります。

ただ、高校生であれば免許の取得を禁止している学校があるので、担任の先生に相談して学校の許可を得てから取得を目指して下さい。

そしてもう一つは、就活で有利になりやすいという点です。

運送業など業務の中で車を使う職種で有利になるのは当たり前ですが、営業職など外出する機会が多い職種でも有利になりやすいです。

免許を持っていない場合でも、面接時に免許を取得する予定やいつまでに取得できるのかを質問されることもあるぐらいなので、自動車免許は普段の生活の中だけではなく、職場で働くうえでも重要な資格だと言えるでしょう。

※2017年10月22日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク