バリスタ試験の難易度・合格率・日程など

資格名 バリスタ
評価【レベル1】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 レベル3、レベル2、レベル1
受験資格 下記参照
試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 東京、大阪
試験日程 レベル2、レベル3:9月
レベル1 :5月・6月・7月・9月・11月・12月
申込期間 随時
合格発表 不明
受験料 レベル3:60,000円
レベル2:50,000円
レベル1:15,000円
問い合わせ先 一般財団法人 日本バリスタ協会
スポンサーリンク

概要

バリスタとは、バールカウンターでノンアルコールのドリンクを提供する職人のことを指します。ドリンクの中でも特にエスプレッソ系のドリンクを提供することが多いです。

ちなみにバリスタの語源は、イタリア語で「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」になります。

バリスタにも資格が存在し、「日本バリスタ協会(JBA)」が実施・認定しており、JBA認定校で2日間に渡るカリキュラム(座学講習・実技講習)をこなすことで取得することができます。

受講レベルはレベル1~3まで存在し、それぞれで求められる知識が異なります。

受験資格

レベル3

  • JBAバリスタレベル2の有効なライセンスを持ち、JBAバリスタレベル2ライセンス試験を95点以上で合格
  • JBAバリスタレベル2ライセンスを取得後1年間以上経過

上記のいずれかをクリア+バリスタ、もしくはコーヒー関連企業に従事している

レベル2

  • JBAバリスタレベル1の所持して、尚且つJBAバリスタレベル1ライセンス試験を90点以上で合格
  • JBAバリスタレベル1ライセンスを取得後1年間以上経過

上記のいずれかをクリア+バリスタ、もしくはコーヒー関連企業に従事している

レベル1

  • 受講時点でバリスタとして従事している
  • コーヒー関連企業に従事している
  • JBA認定校が別途開講するJBA認定のカリキュラムの必要課程修了後1年未満

上記のいずれかをクリア

受講内容

レベル3

  1. エスプレッソマシンの進化と抽出構造の理解
  2. 世界カフェ事情 ファーストウェーブからサードウェーブへ
  3. お客様対応
  4. テイスティング上級編
  5. カフェの製造技術

レベル2

  1. コーヒーに関わる水や牛乳の基本的な知識
  2. エスプレッソの抽出理論
  3. エスプレッソの抽出技術
  4. エスプレッソのテイスト
  5. カプチーノの製造技術

レベル1

  1. コーヒーの基礎知識
  2. エスプレッソマシンの構造、抽出の仕組み
  3. JBAとしてのエスプレッソの知識
  4. エスプレッソの抽出技術
  5. エスプレッソのテイスト
  6. JBAとしてのカプチーノの知識
  7. カプチーノの製造技術

試験内容について

レベル3

筆記試験

30問

ティスティング

5種類

実技試験

エスプレッソ抽出(リストレット/ルンゴ含む)、カフェマッキャート製造(デザイン)、デザインカプチーノ製造、カフェフレッドシェケラート製造

レベル2

筆記試験

30問

ティスティング

2種類

実技試験

エスプレッソ抽出、カフェマッキャート製造、デザインカプチーノ製造(リーフ・自由デザイン)

レベル1

筆記試験

50問

実技試験

エスプレッソ抽出、カプチーノ製造

免除科目

合格基準

筆記・実技の総合点で合否を決定(詳細は非公開)

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

試験の難易度

難しくありません。

資格を活かせる仕事

飲食業界で活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年05月30日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク