管理栄養士試験の難易度・合格率・日程など

資格名  管理栄養士
評価
資格種別 国家資格
資格法令 名称独占資格
資格区分 なし
受験資格 ・2年制の栄養士養成施設を卒業して3年以上の栄養に関する実務経験
・3年制の栄養士養成施設を卒業して2年以上の栄養に関する実務経験
・4年制の栄養士養成施設を卒業して1年以上の栄養に関する実務経験
・2年制の栄養士養成施設を卒業して3年以上の栄養に関する実務経験
・管理栄養士養成施設を卒業
※上記のいずれかをクリア・全ての条件で栄養士の資格要
試験方法 筆記試験
試験場所 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県、沖縄県
試験日程 3月(年1回実施)
申込期間 10月~1月
合格発表 5月上旬
受験料 6,800円
問い合わせ先 一般財団法人 管理栄養士国家試験臨時事務所

概要

管理栄養士

栄養管理士とは、生活予防習慣病の予防のためなどの健康つくりに関する栄養指導のプロフェッショナルになります。栄養管理士になるには、まず、栄養士養成施設を卒業して「栄養士」の免許を取得しなければいけません。

免許を取得したのち、条件に応じて栄養に関する実務経験を積むことで、受験資格を得ることができます。また、管理栄養士養成施設を卒業することでも受験資格を得ることができます。

栄養管理士は、国が認める唯一の国家資格になりますので、毎年20,000人以上が受験している人気資格になります。

ただ、試験の合格率は40%程しかなく、難易度の高い資格と位置付けられますので、独学での勉強より通信講座などを利用して取得を目指す方が良いでしょう。

尚、管理栄養士は名称独占資格になりますので。管理栄養士としての業務を行うことは可能ですが、管理栄養士と名乗って業務を行うことができませんので、注意して下さい。

試験内容

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論

免除科目

なし

合格基準

おおよそ総合点の60%以上の正解率(年度により異なる)

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2015年 19,086人 44.7%
2014年 19,884人 55.7%
2013年 21,302人 48.9%
2012年 20,455人 38.5%
2011年 21,268人 49.3%
2010年 19,923人 34.1%
2009年 25,047人 40.5%
2008年 23,744人 32.2%
2007年 22,073人 29.0%
2006年 21,571人 31.6%
2005年 20,570人 35.2%

試験の難易度

数ある調理系の資格の中でもかなり難しい部類に入ります。

試験の勉強

試験にチャレンジしようと思う時点で栄養士養成施設である程度の知識は習得していると思うので、後は模擬試験や過去問を繰り返し勉強して問題の傾向をしっかりと頭に叩き込むことが大事です。

冒頭でも言いましたが、独学だけでは難しいので通信講座などを利用するのも一つの手です。

勉強法 管理栄養士 勉強法
テキスト 管理栄養士 テキスト
問題集 管理栄養士 過去問
通信講座 ユーキャンの管理栄養士講座

資格を活かせる仕事

治療食の必要な病院や介護福祉施設で、栄養のバランスを考えた献立の作成、栄養指導員として活躍することができます。いくら知識があっても、食物に関する強い関心が無いと、職務を遂行していくことは難しいでしょう。

食に興味があり、研究熱心で向上心のある人に向いている仕事だと言えるでしょう。

管理栄養士の収入

管理栄養士としての年収はデータが無いので分かりませんが、栄養士に比べると給料水準は高いのでそれなりの高収入を見込むことができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年03月23日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク