京野菜検定試験の難易度・合格率・日程など

2015年度以降休止中

資格名 京野菜検定
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験
試験場所 京都
試験日程 2月
申込期間 10月中旬~12月下旬
受験料 3,000円
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
スポンサーリンク

概要

公益社団法人 京のふるさと産品協会が実施している京都の野菜について幅広く知識を持っていることを証明できる資格です。

八百屋さんやスーパーの野菜売り場で仕事をしている人、京野菜を使用している飲食店に勤務する人などは、この資格を持っていると役立つことも多いと思います。

試験で出題される内容は、京野菜の種類から生産方法、流通、調理・保存方法、歴史などから、京都の食文化など幅広い内容となっています。

京都が好きという人や、観光客を案内するような仕事をしている人にもおすすめの資格です。

資格を取得することで、多くの人に京野菜の魅力を感じてもらうことができます。

試験は選択式の問題になっていて、参考テキストで勉強をしていれば合格できる内容となっています。参考テキストに加えて受験票が届く際に、資料が同封されており、その資料からも出題されると言われています。

暗記項目が多いので、しっかり読み込んで試験に挑んでください。

試験内容

試験方法 筆記試験(択一式、穴埋め)
問題数 60問
試験時間 90分
合格基準 8割以上の正解率
免除科目 なし

出題範囲

公式テキスト『京のブランド産品ガイドブック』と参考テキスト『歳時記 京の伝統野菜と旬野菜』の内容から主に出題されます。

受験者データ

受験者数は毎年200人程、合格率は10~30%程。

試験の難易度

合格率は毎年高くても30%程しかないので、趣味で取得する資格の中ではかなり難しいと言えます。

試験の勉強

公式テキストである『京のブランド産品ガイドブック』と参考テキストの『歳時記 京の伝統野菜と旬野菜』をメインに勉強すると良いでしょう。

勉強法 準備中
テキスト 京の伝統野菜と旬野菜―歳時記

資格を活かせる仕事

趣味の資格になるので、仕事で活かすことはなかなか難しいでしょう。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク