住宅ローンアドバイザー試験の難易度・合格率・日程など

資格名 住宅ローンアドバイザー
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 なし
※取得の仕方としてAコース(WEB受講)とBコース(会場受講)がある
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国各地の約40会場
講習日程 Aコース:4月下旬~7月下旬、11月中旬~2月中旬
Bコース :7月、2月
申込期間 受講開始前の約3か月前から
※定員になり次第終了
講習料 Aコース:21,600円
Bコース :25,920円
※別途登録料10,800円が必要
問い合わせ先 一般社団法人 金融検定協会
スポンサーリンク

概要

住宅ローンアドバイザーは、一般財団法人住宅金融普及協会が認定する資格です。職歴、年齢関係なく、認定を受けることができます。

これから住宅ローンを組もうとしている人に対し、最も適している商品を公平な立場で説明し、紹介します。

公平な立場でというところが重要で、商品を売りたい金融機関は心持ちメリットは大きめに、デメリットは小さめに説明するものです。アドバイザーは、メリットも、デメリットも、同じ大きさで説明します。

資格の認定を受けるには、2つの方法があります。

1つはウェブを使い自宅学習をし学習効果の測定を受けて認定を得る方法と、もう1つは会場に出向いて講習に参加し、学習効果の測定を受けて認定を受ける方法です。

測定は基礎編を学んだ後と応用編を学んだ後にあります。後者の方法であれば最短で2日間で認定を受けることができます。社団法人日本不動産学会から賞を受賞している資格です。

住宅ローンに関わるお仕事をしている方は、資格取得をお考えになられてみてはいかがでしょうか。

講習内容

講習では「基礎編」と「応用編」があり、最後に効果測定(認定試験)を行います。

受講の仕方として、パソコンを使って自宅などでWEB受講をして会場で試験を受けるAコースと、全てを会場で受講するBコースがあります。

基礎編

  • 住宅ローンアドバイザーとしての必要性
  • コンプライアンス
  • 説明責任の重要性
  • 住宅ローン計算
  • 借入額決定までのプロセス
  • 効果測定

応用編

  • 住宅ローン商品のリスクと注意点
  • 繰上返済の仕組みと効果
  • 目的別借換えの効果と注意点
  • 知っておきたい税金
  • 手続きの流れ
  • 住宅ローンの選び方と返し方
  • 効果測定

効果測定(認定試験)

基礎編

正誤問題(2択)×25問、計算問題(3択)×10問の合計35問

応用編

正誤問題(2択)×30問、計算問題(3択)×10問の合計40問

受験者数・合格率

2016年第2回

  • 受験者数:1,666人
  • 合格率:約85%

試験の難易度

あくまで講習がメインの資格になるので、講習の内容をキチンと理解できれば合格することは容易です。

試験の勉強

講習の内容から試験が出題されますので、講習の内容及び配布されるテキストで勉強すれば、他に特に対策を立てる必要はありません。

資格を活かせる仕事

金融機関やハウスメーカー、不動産会社などで活躍が期待できます。職場によっては従業員に取得を命ずることもあるので、企業の注目度も高いです。

またファイナンシャルプランナーの更なるスキルアップ、お客様への信頼度アップの為に取得されている方もいます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年10月22日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク