スウィーツデコデザイナー認定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 スウィーツデコデザイナー認定試験
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 在宅受験
試験日程 偶数月
申込期間 試験の約1か月前まで
受験料 10,000円(税込)
問い合わせ先 日本インストラクター協会 
スポンサーリンク

概要

こちらの資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催しています。

樹脂の粘土などを使用し、本物のようにおいしそうなスイーツを作り、いろいろなグッズを用いてこのスイーツにデコレーションをする技術をもつ人に与えられる資格です。

試験内容としては、「デコレーションの歴史」 「デコレーションなどに使う道具の名称・使い方」 「それらの培った知識を実践の場で応用できるスキルと技術」について問われます。

日本デザインプランナー協会が指定する講座を受け、卒業課題を提出することで、「スウィーツデコデザイナー」だけでなく「デコレーションインストラクター」の資格も、卒業と同時に取得することが可能です。

試験は2・4・6・8・10・12月に行われているので、気軽に受けることができます。

物づくりが好きな方にはおすすめの資格でしょう。

試験内容

試験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
免除科目 なし

受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

試験の難易度

在宅受験になりますので、難しい試験ではありません。

試験の勉強

試験対策としては、スクールに通うか、通信講座にて学ぶと良いでしょう。通信講座は、試験の主催である、日本デザインプランナー協会が関わっている「諒 設計アーキテクトラーニング」がおすすめです。

資格を活かせる仕事

スウィーツデコは、若い女性や主婦を中心に、人気が集まっています。

初心者がスウィーツデコを作る際には、本などを参考にしてもうまく作ることは難しいです。

その際には、やはりスウィーツデコを直接教えるインストラクターが必要となります。

こちらの資格を取得した際には、自宅でスウィーツデコのスクールを開くことや、カルチャースクールやビジネススクールなどの講師としての職業に活かせます。

また、自分で作った作品をネットオークションで販売したり、自らのショップをネット上に開設することもできます。

その際には、この資格を取得しているほうが、購入者側からの信頼性が高まるでしょう。

口コミ・体験談

まだありません。

※2018年03月12日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事