通販エキスパート検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 通販エキスパート検定
評価(3級)
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級(通販マネジメント)、準1級(CRM・ECマーケティング・法律)、2級、3級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験
試験場所 東京、大阪、熊本
試験日程 6月上旬
申込期間 3月上旬~5月上旬
受験料 1級(通販マネジメント編):9,000円
準1級(CRM編・ECマーケティング編・法律編):5,700円
2級:5,700円
3級:4,700円
問い合わせ先 一般社団法人 通販エキスパート協会
スポンサーリンク

概要

通販

通販エキスパート検定は、ネット通販が拡大していくにつれて、とても重要視される資格になってきています。

2010年から開始している検定試験で、一般社団法人通販エキスパート協会が実施しています。

ネット通販が拡大するとともに、年々受験者数は増加しています。

検定試験は、初級の3級、中級の2級、法律編の準1級とECマーケティング編の準1級、CRM編の準1級、そして1級の通販マネジメントがあります。

3級は通販会社に勤務する予定の人や、ネットショップ運営希望者などが受験しています。2級は長年通販事業に関与している人、自分でネットショップを運営されている人が受験しています。

準1級は2級の合格者レベルの知識に加えて専門知識がさらに増えた内容になります。1級は特級とされていて、通販会社の管理職レベルの人などが受験しています。

試験はマークシートになっています。公式テキストで勉強して合格できる内容になっているのでしっかりとテキストを読み込みましょう。

試験内容

試験方法 1級・準1級:筆記試験(マークシート4択式、記述式)
2級・3級:筆記試験(マークシート4択式)
問題数 1級・準1級:マークシート40問、記述式1問
2級・3級:100問
合格基準 1級・準1級:100点満点(4択式80点・記述式20点)で70点以上
2級・3級:100点満点中で70点以上
免除科目 なし

出題範囲

準1級(CRM)

顧客生涯価値と戦略的意思決定、CRMと組織マネジメント、マルチチャンネル化する顧客接点とCRM、SNS時代のCRM

準1級(ECマーケティング)

サイト集客のポイント、ターゲティングの効果的手法、クロスメディアプロモーション、販促計画の立て方と結果分析

準1級(法律)

特定商取引法・景品表示法・薬事法、通販広告物の制作場面の規制、インターネット通販の規制、通販のコンプライアンス

2級

通販のマーケティング戦略、商品開発・媒体制作・検証、ネット通販の実務戦略、配送・決済など通販のバックヤード、リスクマネジメントと通販の法律知識

3級

通販の仕組みと基本的フロー、通販の事業モデルと代表的企業、通販の媒体と広告戦略、通販の顧客対応とコンプライアンス、通販の各種法律知識

受験者データ

2015年

区分 受験者数 合格率
通販マネジメント 不明 88.12%
CRM 不明 87.23%
ECマーケティング 不明 92.82%
法律 不明 73.08%
2級 不明 61.09%
3級 不明 72.73%

試験の難易度

合格率を見る限りそこまで難しい試験ではない様です。

但し、1級に関しては小売業などでのマネジメント業務に携わっている方を対象にしていますので、合格率程簡単な試験ではありません。

通販エキスパート協会のHP内に練習問題が掲載されているので、問題のレベルが気になる方は一度解いてみて下さい。

試験の勉強

各区分に対応した公式テキストがあるので、そちらをメインに勉強して下さい。

勉強法 準備中
テキスト 通販エキスパート検定 公式テキスト

資格を活かせる仕事

インターネットの拡大により、いまやどの小売業でもネット通販が主流になっているので、活躍できる場は多数あります。

今は店舗販売だけだけど、今後ネット販売を展開していく企業では重宝されるかもしれません。

但し、資格の認知度は決して高くないので、資格を取得したからと言って就職や転職活動の際に劇的に有利になることは無いです。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク