あいさつ検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名  あいさつ検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 初段、1級、2級、3級、4級、5級
受験資格 初段:1級合格者で尚且つあいさつ診断士養成講座を修了
1級:2級合格者で尚且つ1級講座を修了
2級:3級合格者で尚且つ2級講座を修了
3級:4級合格者で尚且つ3級講座を修了
4級:4級講座を修了
5級:誰でも受験できます
試験方法 筆記試験・実技試験
試験場所 名古屋など
試験日程 1級・3級:5月中旬
2級・4級:10月中旬
申込期間 随時
合格発表 試験の一週間後を目途に発表(5級はその場で判定)
受験料 初段:??
1級:9,000円
2級:7,500円
3級:5,500円
4級:3,500円
5級:無料
問い合わせ先 一般社団法人 日本あいさつ検定協会
スポンサーリンク

概要

挨拶

あいさつは人とコミュニケーションを図る上で非常に重要なのは皆さん分かっていますが、キチンとしたあいさつをしている人って案外少ないです。

あいさつ検定とは、「おはよう」や「こんにちは」など一般的なあいさつは勿論、冠婚葬祭などのスピーチであったり挨拶状の書き方なども取り入れた検定試験になります。

試験は、あいさつの基本的な知識を要する5級からあいさつを指導できる立場を身に付けている初段まで6つの区分に分かれています。

あいさつは、面接や受験を控えた学生は勿論、一般社会人でも十分活用できる試験なので皆さんチャレンジしてみて下さい。

試験内容

初段

試験内容は不明

1級

筆記試験(20問)

挨拶状の書き方、季節のことば、記念日、二十四節気、会社で取り組むあいさつ運動プラン作成

実技試験

いろんな場面での会話ができること、人前でのスピーチ、笑い・ユーモア、部下への接し方のロールプレイング

2級(50問)

筆記試験

2級テキスト範囲から出題

実技試験

いろんな場面での会話ができること、人前でのスピーチ(結婚式、葬式などの冠婚葬祭)、ロールプレイング、熱意・元気さ、手話、世界のあいさつ、方言、カウンセリングや気くばり

3級

筆記試験(50問)

3級テキスト範囲から出題

実技試験

指示された手順に従い、人前で楽しく会話できること

4級

筆記試験(50問)

4級テキスト範囲から出題

実技試験

指示された手順に従い、各自で話題を見つけ、人前で楽しく会話できること

5級

協会HP上でいつでも受けられます

免除科目

なし

合格基準

70%以上正解率

受験者数・合格率

受験者数 、合格率の全てが非公開

試験の難易度

難しい試験ではありません。

試験の勉強

あいさつ検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

あいさつは全ての仕事で活用するのでどこでも活躍することができます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク