チェッカー技能検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 チェッカー技能検定
評価【3級】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 1級:2級合格者
2級:3級合格者
3級:誰でも受験できます
試験方法 筆記試験、実技試験
試験場所 筆記試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡、企業内
実技試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡、那覇
試験日 8月から11月にかけて
申込期間 6月上旬~7月中旬
合格発表 発表時期は未定
受験料 1級:29,800円
2級:23,700円
3級:18,500円
※会員割引あり
問い合わせ先 新日本スーパーマーケット協会
スポンサーリンク

概要

チェッカー技能検定とは、レジ係の技能を審査する検定試験で「新日本スーパーマーケット協会」が実施しています。

試験は1級~3級まであり、それぞれで筆記試験と実技試験を行い、チェックアウトレベル・接客対応力・指導力・育成力を問います。

チェッカーに求められるのは「間違わずにレジ打ちできる正確性」「丁寧な接客」「スムーズにレジ打ちするための敏速性」の3つです。

試験内容

実技試験の流れは、新日本スーパーマーケット協会が提供している動画で確認してください。

1級

筆記試験(専門問題:60分)

トレーナーとしての知識、上級の接客マナーについて出題

実技試験(対応話法)

二人のお客様の対応。一人目のお客様を対応中に二人目のお客様が並ぶので全ての接客を基準タイム85秒以内で終わらせることが求められます。

お客様の要望に対応

2級

筆記試験(専門問題:60分)

基礎知識に加えてリーダーとして知っておかなければならない接客対応や育成法、マナーを出題

実技試験

二人のお客様の対応。一人目のお客様を対応中に二人目のお客様が並ぶので全ての接客を基準タイム95秒以内で終わらせることが求められます。

3級

筆記試験(釣銭問題:15分、専門問題:60分)

釣銭の計算およびお返し、セルフサービスの基礎知識、チェッカーとして知っておかなければいけない接客マナーの基本について出題

実技試験

一人のお客様の対応。全ての接客を基準タイム50秒以内で終わらせることが求められます。

免除科目

なし

合格基準

1級

  • 筆記試験:100点満点中70点以上
  • 実技試験:500点満点中450点以上、200点満点中160点以上(応対話法)

2級

  • 筆記試験:100点満点中70点以上
  • 実技試験:500点満点中400点以上

3級

  • 筆記試験:100点満点中90点以上(釣銭問題)、100点満点中70点以上、
  • 実技試験:500点満点中350点以上

受験者数・合格率

2015年

区分 受験者数 合格率
1級 297人 21.5%
2級 574人 81.4%
3級 1,217人 72.4%

試験の難易度

3級に関しては筆記試験も基礎知識のみだし、実技試験も1人しか対応しないためそれほど難しくありません。2級に関しても合格率を見る限りそれほど難しい試験ではないでしょう。

ただし、1級に関しては対応話法が増えるためか、難易度がグッと上がり合格率も20%ほどしかありません。

試験の勉強

新日本スーパーマーケット協会のHP内にて、学習用テキストが販売されているので、基本的にはそちらのテキストを利用して勉強するといいと思います。

チェッカー技能検定 勉強法

資格を活かせる仕事

スーパーマーケットやコンビニなどのレジ業務で大いに活躍することができます。

履歴書に書く場合、アルバイトやパートで働く場合だと有利になることも考えられますが、就職や転職など正社員として働く場合はそれほど武器になるとは思えません。ただ、企業内受験を実施している企業だと資格に対する認知度も高いので有利になることも十分考えられます。

レジ業務の仕事に関しては、姉妹サイト「職業探しの広場(スーパーのレジ業務)」で詳しく説明しています。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★★★5

むーむー 20代男性(会社員)
2016年9月14日

チェッカー技能検定3級
資格取得を推奨する企業に勤めている知人の紹介で、このような資格があることを知りました。
釣り銭計算速度の向上…
接客応対の要所を抑える…
など、普通に働いているだけでは教わる事の無い知識や技術が身に付きました。
特に会話方法やマナーなど、接客業ならレジさん以外の人にも役立つ資格ですね。
※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク