競輪選手試験の難易度・合格率・日程など

資格名 競輪選手
評価
資格種別 公的資格
資格法令
資格区分 なし
受験資格 ・満17才以上
・高校卒業程度の学力を有する
・日本国内に在住
試験方法 1次試験:技能試験又は適性試験
2次試験:適性試験、身体検査、人物考査z
試験場所 1次試験:日本競輪学校(静岡県田方郡)など
2次試験:日本競輪学校(静岡県田方郡)
試験日程 年1回(実施日は未定)
申込期間 不明
合格発表 不明
受験料 1次試験:5,000円
2次試験:7,000円
問い合わせ先 日本競輪学校
スポンサーリンク

概要

競輪

競輪選手になるには、日本競輪学校に入学して約1年間の厳しい訓練をこなして、「財団法人JKA」が実施する検定試験に合格しなければいけません。

日本競輪学校に入学するには、生徒入学試験に合格しなければいけません。試験は、通常の「一般入試」の他に、様々なスポーツ競技の成績優秀者を対象にした「特別選抜試験」もあります。

競輪選手は男女共になることが出来ますが、男性の受験者に比べて女性の受験が少ないこともあって、合格率は男性が9.6%に比べて女性は41.6%と、かなり高くなっています。(2012年度データ)

試験内容

1次試験

技能試験
  • 自転車による1,000メートルの走行時間
  • 自転車による400メートル助走後における200メートルの走行時間
適性試験
  • 垂直跳の跳躍高
  • 背筋力計による背筋力

2次試験

適性試験
  • 台上走行試験装置による瞬間最高速度
  • 台上走行試験装置によるクランク軸の最大回転回数
  • 台上走行試験装置による一定時間の総仕事量
身体検査
  • 業務規程別表第1の「身体検査合格基準」で定める検査項目
人物考査
  • 口頭試問・適性検査・作文等による考査

免除科目

特別選抜制度あり

合格基準

非公開

受験者数・合格率

2012年 受験者数 合格率
男性 374人 9.6%
女性 47人 41.6%

試験の難易度

難易度はかなり高いです。

資格を活かせる仕事

競輪選手として活躍することができます。

競輪選手の収入

競輪選手の平均年収はおよそ『1,200万円』で、オートレーサーと同等レベルの収入を得ることが可能です。

競輪選手にはレースの成績によりS級の「1班」「2班」「3班」、A級の「1班」「2班」「3班」の6つのクラスに分かれており、それぞれのレースでの賞金が異なる為、収入も大きく異なります。ちなみに、S級の1班で年収5,000万円以上、新人が所属するA級3班で年収700万円程度になります。

レース賞金が主な収入源になりますが、レースに参加するだけで支給される「参加手当」や、年末年始に支給される「正月手当」などがありますので、レースで入賞しなくてもそれなりの収入を得ることが可能です。

口コミ・体験談

まだありません。

※2016年12月23日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク