自分に適した勉強法を選択することが大事

資格の勉強をしようと思った場合の勉強法は、大きく分けて「通学」「通信講座」「独学」の3つに分けることができます。 一般的な考えとして、学校に通いながら資格取得を目指すのが一番効率的になりますが、受講料が高かったり、時間の融通が利かないなどの問題もあります。また、自分のペースで勉強したいといった人には不向きな場合もありますので、自分にとって適した勉強法を見つけ出すことが、効率よく資格を取得する第一歩になります。

どの勉強法を選択すればいいのか?

通学、通信講座、独学の中でどれを選択すればいいのか悩まれる方も多いでしょう。 一般的な選択の仕方は、まず独学で取得できないのかを考える所から始めましょう。独学だと費用も参考書程度だし、独学で取得できるに越したことはありませんからね。 ただ、難しい資格の場合は独学で取得できるのか悩むでしょう。その場合でも、時間があるようでしたら、まずは独学で自分なりに勉強を始めてみてもいいでしょう。それでも難しいとなると、通学のスクールか通信講座を受講することになります。 (その他にも、友達に教えてもらうとか、セミナーに行くといった選択肢もありますが、ここでは除外させて頂きます。)   では、簡単にそれぞれの勉強法を比較してみましょう。

通学 通信講座 独学
費用 ×
取得期間 ×
モチベーション
自由度 ×

どの勉強法にも、メリット・デメリットがあるのが分かって頂けると思います。

通学で資格を取得する

時間とお金があれば、通学で資格にチャレンジするのが一番学習効果が高く、合格する確率は上がるでしょう。また、同じ目的を持った人達が集まりますので、試験に関しての情報交換ができます。その他にも様々なメリットがありますが、その全てを打ち砕くのが「時間」と「お金」の問題になります。

通信講座で資格を取得する

通信講座は、通学と違って時間の融通が利きます。また、自宅で勉強できますので使い方によっては通学より効率よく勉強することができます。通学と独学の中間的な位置付けになり、独学での取得が困難な場合は、まず通信講座での取得を考えましょう。

独学で資格を取得する

上記でも述べましたが、独学で取得できるのであればそれに越したことはありません。但し、独学の場合は、自分で勉強計画を立てなければいけませんし、間違った勉強法をしていてたとしても誰も訂正してくれません。また、参考書も自分で購入しなければいけません。

スポンサーリンク