通学で資格を取得する

時間とお金があれば、通学で資格にチャレンジするのが一番学習効果が高く、合格する確率は上がるでしょう。また、同じ目的を持った人達が集まりますので、試験に関しての情報交換ができるという所も通学の大きなメリットと言えるでしょう。

その他にも様々なメリットがありますが、その全てを打ち砕いてしまうのが、「時間」と「お金」の問題になります。

入学する際にチェックする項目

通学で資格を取得するメリット

効率よく勉強できる

資格取得に関する全てのカリキュラムを立ててくれますので、資格取得までの道筋が分かりやすいので、効率よく勉強することができます。

分からないことがあればすぐに解決できる

勉強していて分からないことがあった場合でも、すぐに講師に聞ける環境が整っていますので、分からないまま勉強するといったことは避けられます。

但し、何でもかんでもすぐに聞いて解決するのは避けて、自己解決する努力も必要です。

モチベーションを維持できる

通学の場合、通学するという目的がありますし、環境が整っています。また、共に勉強する仲間がいるので、モチベーションを維持することができます。

情報交換できる

独学や通信の場合、他の受験者がどの様にして勉強をしているのか等、資格に関する情報を把握することが困難ですが、通学の場合、共に勉強する仲間と資格に関する情報交換をすることができます。

最新情報が手に入る

学校にいると、資格に関する最新情報を手軽に入手することができます。通信や独学でも最新情報を入手することは可能ですが、通学の場合は、生の情報を得られることができますので、その点でメリットが大きいと言えるでしょう。

安心感がある

通学だと、間違った勉強法をすることがありませんので安心できます。

通学で資格を取得するデメリット

費用がかかる

通学で資格を取得する一番のデメリットと言えるでしょう。また、通信や独学と違って交通費もかかります。そういった意味でも当サイトでは、難関資格でない限り、通学での資格取得はあまりオススメしていません。

時間の融通が利きにくい

受講日程や時間があらかじめ決められているパターンが多くて、時間の融通が利きにくいで、サラリーマンなど時間の縛りがある方には、物理的に受講できない場合があります。

時間がかかる

学校が家から離れている場合、学校に行くまでどうしても時間がかかってしまいます。

スポンサーリンク