通学で入学する際にチェックする項目

  • トータル費用はいくらかかるのか
  • 受講期間
  • 振り替え
  • 学習方法
  • 体験セミナーの有無
  • 給付金などサポートの有無

受講料の記載方法は、学校により異なる場合があります。一見、受講料が安くてお得に見えても、多額の入学金を請求されたり、高額の教材を購入しなければいけないなどのカラクリが存在する場合があります。

また、平日限定の安い受講料だけ大々的に掲載して、いざ休日受講しようとすると追加料金を取られたりといった事例もあります。そういった悪意のある提示方法をしている学校もありますので、自分の対象となるコースを選択したときに、トータル費用でいくらかかるのかを事前にしっかり理解しておきましょう。

受講期間

資格取得までの受講期間が、どの程度かかるのかを確認しましょう。あまり長いと受講料が高くなったり、ダラダラしてしまいやる気を無くしてしまう場合があります。

逆に受講期間が短すぎると、カリキュラムに付いていけなくなる可能性がありますので、自分の能力や生活環境にあった受講期間のある学校を選択しましょう。

振り替え

学校に休んでしまった場合の、振り替えの有無、振り替えがあった場合の受講期限はいつまでなのかをしっかり確認しておきましょう。

学習方法

学習の進め方などの学習カリキュラムはもちろん、講師一人に対して何人の生徒が就くのか、自習ルームの有無など、学習に対しての環境がどこまで整えられているのかを確認しておきましょう。

給付金などサポートの有無

企業に勤めている場合、対象の講座を受講すれば最大で20%の受講料を国から返還してもらえる「教育訓練給付制度」や、失業中に無料で受講することができる「公共職業訓練」や「求職者支援訓練」などありますので、受講資格があればそういった制度を有効活用しましょう。

体験セミナーの有無

通学制の学校では、大抵セミナーを開催しています。セミナーに参加することで、パンフレットやネットでは分かりにくい授業の雰囲気などを確認できますので、積極的に参加しましょう。

スポンサーリンク