試験に合格することだけを考えよう

資格を取得する理由として「スキルを習得するため」とか、「将来的に実務で生かすため」など、資格を取得するという目的以外に、勉強すること自体に意味があると思われている人もいらっしゃると思います。

確かに、資格の勉強をすることにより、スキルアップしたり、実務で使える知識が身に付くことがあるかもしれません。

しかし、本来の目的はあくまで資格を取得することになりますので、試験に合格することを何よりも最優先にしなければいけません。

極端な話、試験にさえ合格すれば知識なんて要らないんです

 

ですので、試験に合格するためだけの勉強をすることを、まずは心がけなければいけません。

試験では出題されないであろう実務に必要な知識は、時間に余裕があるときや試験に合格してから勉強すればいいんです。何度も言いますが、資格の勉強をする目的は、あくまで資格を取得するという肩書きを得るためです。

実務に必要だからと試験にあまり関係ない勉強をして、それが理由で試験に落ちてしまっては何の為に勉強してきたのか分からなくなります。

資格の勉強をする場合、そういった割り切りのできる勉強法が必要になるということを覚えておいてください。

スポンサーリンク