試験内容をしっかり理解しよう

資格の勉強を始める際にまず考えなければいけないのが「試験の内容」になります。試験の内容をしっかり理解しなければ、対策を立てることすらできません。それでは、確認しなければいけない内容を挙げていきましょう。

試験日

自分が取得しようとしている資格の試験日を把握しなければ勉強対策を立てることは不可能です。(試験日を理解していない人はさすがにいないでしょうが・・・)

試験日をゴールにして、そこから逆算して勉強法を考えていきましょう。

申し込み期間・方法

申し込み期間は、資格により異なりますが、一般的に試験の2ヶ月~3ヶ月前から始まります。申し込み期間も1ヶ月~2ヶ月も猶予がある場合が多いので、「まだ先だから後でいいや!」と思ってしまいがちです。しかしあまり楽観的にに考えていると、いつの間にか申し込み期限が過ぎてしまって、試験を受けることができないといったことになりかねませんので、申し込みが開始されたらすぐに申し込みをする様に心がけましょう。

申し込み方法も資格により異なり、ネットで簡単に申し込める資格もあれば、試験団体の事務所に直接申し込みに行かなければならない資格もあります。資格の申し込み方法は、基本的に当サイトに掲載していますので、参考にして下さい。

試験方法

試験方法も、マークシート方式であれば、全てを完璧に暗記する必要も無いですし、記述式の場合であれば、問題の意図をしっかり理解しなければいけませんので、幅広い知識が必要になります。また、面接や実技がある資格だと、独学では厳しいのでスクールに通わなければいけない等、その試験方法によって、今後の勉強法を変えなければいけません。

合格基準

合格点は、毎回同じ点数なのか?それとも受験者の出来栄えで合格点が変わるのか?全ての科目で合格点数をクリアしなければいけないのかを確認しましょう。

免除科目の有無

ある条件をクリアすれば免除になる科目がある資格も存在します。これを意外と理解していなくて免除になる科目を一生懸命勉強している人が結構います。

また、難易度の高い資格の場合、まずは免除条件をクリアしてから試験に挑む場合もあります。一見遠回りに見えますが、結局そちらの方が簡単に取得できる場合があります。

スポンサーリンク