インプットとアウトプットのバランスが重要

資格の勉強をする際に、知識を覚えて、その覚えたことを活用して問題を解いていくというのが一般的な勉強フローになります。

この「知識を覚える」というのが「インプット」で、「活用して問題を解く」のが「アウトプット」になります。どちらも試験に合格するためには必須で、どちらも疎かにしてはいけません。

しかし、限られた時間で勉強していくことを考えると、どちらも完璧にこなすというのは少々困難だと思います。そこで考えるのが、インプットとアウトプットのどちらに重点を置いたらいいのかということです。

 

どのスクールや通信講座の受講内容を見てみても、インプットの時間に多くの時間を割いています。確かにインプットしなければアウトプットをするのは困難なので、最初の方は特に、教科書を進めて知識のインプットにかなりの時間を使い込みます。

ただ、私の考えでは、インプットよりアウトプットの方が大事だと思っています。

 

その理由は、いくら知識を覚えても活用できなければ合格することが困難だからです。

 

試験のときに、その問題の知識は知っているけど、いざ答えようとすると答えが出ないといった経験が皆さんあると思います。これは、アウトプットが不十分だから起きる現象です。

「何言ってんだ!インプットが不十分であればアウトプットすることができないじゃないか!!」と思われる方もいるでしょう。確かにその意見も一理あり、知識があまりに不十分な状態で問題集など解こうと思っても、問題の内容が分からず結局、非効率な勉強になる可能性が高くなります。

そういったことを改善するためには、「アウトプットの中でインプットして知識を付けていく」ということが一番効率の良い勉強法になります。

 

ここで肝心なのが、何度も言いますがインプットに時間をかけ過ぎないということです。テキストを進めていき、そこで完璧に完璧に覚える必要はありませんので、あとは問題集を徹底的にこなしていく様にしましょう。そこで分からないことがあれば、その都度インプットしていけばいいんです。

 

また、アウトプットをこなすことにより、記憶をより確かなものにできますので、暗記という面でもアウトプットは非常に効果の高い勉強法と言えるでしょう。

スポンサーリンク