内容を100%理解する必要はない

資格の勉強をする際に、学校で受講したり、市販のテキストなどの教材を使って勉強しますが、その全ての内容を完璧に把握する必要はありません。

資格の勉強をする上で重要なのは、その試験に「合格」して称号を得るためです。もちろん全ての内容を理解できれば、限りなく合格するでしょう。しかし、資格の勉強をしているほとんどの人が、仕事や学校、育児など、メインとなる活動をしながら試験の勉強をするので、全てを完璧に覚えることが物理的に困難だと思います。

 

では、その限られた時間の中で勉強をするときに、一つのことを順を追って完璧に覚えていくのが良いのかと言えば、そうではありません。

資格の合格点は、資格にもよりますが、およそ60点~80点ほどです。どんなに難しい資格でも2割ぐらいは間違えても合格することができます。

そうです、「決して満点をとる必要はありません

 

ただ、受験する全ての科目で合格点を満たさなければいけません。

あまり一つのことに集中していると、周りが見えなくなり、結局他の科目は中途半端な勉強で終わってまう可能性がありますので、全ての科目をまんべんなく勉強していくことが大事です。

 

勉強していく中で、もし分からないことがあった場合、そこを理解するのに時間がかかりそうでしたら、そこを飛ばして次に進むようにしましょう。今の段階で理解できなくても、テキストを進めていく上で理解できるようになることもありますし、少し時間をおいてから考えれば分かることだってあるかもしれません。

 

勉強法は、人それぞれです。全てを理解しながら進めていかなければ、気持ちが悪いという方に対して、無理に押し付けるつもりはありませんが、時には頭を柔らかくして物事を柔軟に捉えることも必要だということを頭に入れておいてください。

スポンサーリンク