問題集は1冊に絞るべきか?

この質問に関しては非常に難しいことであり、人により考えが異なりますので、どちらが正解とはなかなか言えないです。もちろん複数の問題集を完璧にこなせれば試験に合格できる確率は飛躍的に上がるでしょう。しかし、資格の勉強をするほとんどの人は、仕事などがありますので、限られた時間の中でしか勉強できないでしょう。

問題集を一冊に絞ることにより、繰り返し同じ問題を復習することができますので、最初にうっつらとしか覚えていない知識でも、何度もチャレンジすることにより、知識をより鮮明に蓄えることができます。

うっすら覚えていても、試験で答えられなければ何も覚えていないと同じです。そういった意味でも繰り返し同じ問題集をこなして完璧に覚えこんでいくという勉強法は、理にかなっていると言えるかもしれません。

但し、同じ問題集ばかりをこなしていても、問題に対する応用力を養うことが困難になります。確かに先ほども申した通り、同じ問題を繰り返していくこことにより、知識をより完璧に得ることができます。

しかし、同じ問題ばかりをして完璧に覚えたとしても、それはやり方を覚えているだけであって、その問題の本質を本当に理解できているとは限りません。

スポンサーリンク

複数の問題集をこなすと・・・

一方、複数の問題集をこなすことにより、応用力が付きますので、より様々な知識を習得することができます。また、複数の問題集を1回だけこなしていくのであれば、「問題集に直接答えを書き込める」というメリットがあります。

問題集の購入費かかさむという問題は置いといて、複数の問題集をこなしていくデメリットも当然存在します。その大きなデメリットが、「知識が不十分のまま次に進んでしまう」と言うことです。不十分な知識のままで試験に挑んでも失敗する可能性が高いです。

そういった意味でも、無計画に色々な問題集をひたすら解いていくというのは、あまり効率的な勉強とは言えないでしょう。

管理人の考え

結局どちらが良いのかと言えば、基本的に同じ問題集を繰り返して勉強する方がいいと思っています。

但し、その中である程度理解できた問題は繰り返し解く必要は無く、間違えた問題のみを繰り返し勉強していきましょう。そうすれば、2回目以降は解く問題数が少なくなるので、その分時間が空きますので、その空いた時間で、新しい問題集を少しずつ解けばいいんです。

質問の答えになっていませんが・・・

スポンサーリンク