達成感を得られるポイントを多数付ける

資格の勉強をするゴールは「試験日」になります。このゴールに向けて勉強していくわけですが、ゴールがあまりに遠いとモチベーションが下がってしまいます。

例えば、試験日が1年後の場合、1日勉強をサボっても大した影響はないでしょう。これが2日になってもさほど変わりません。しかし、そうやってズルズル勉強を先延ばしにしていくと、やがてやる気を無くしてしまい、資格の取得を断念してしまいます。

 

勉強が好きな人であれば、そういった考えをする必要もなく、試験勉強を継続していくことは容易だと思いますが、大抵の人は勉強が嫌いです(私も嫌いです・・・)

しかし、資格を取得するには勉強は必要不可欠です。勉強を持続して出来れば、合格する確率はグンと上がるでしょう。

 

モチベーションを保つのに一番有効なのが「目標を持つ」ということです。逆に目標が見えないとモチベーションが下がりやる気を無くしてしまいます。

 

幸い、通常の勉強とは違って、資格の勉強は「合格して資格を取得する」という最大の目標があります。

ただ、これは最終目標であり、試験日までの期間が長い場合など、そのモチベーションを持続させるのは困難です。

 

なので、モチベーションを常に維持させる為には、「達成感を得られるポイントを多数付ける」ことが大事です。

その達成感を得られるポイントは、1日単位でもいいし、1週間単位でもいいです。とにかく、すぐ目の前に目標を常に掲げることでモチベーションを持続させることができます。

例えば「1日テキストを10P進める」や「この科目を○○日までに覚える」など、何でもいいです。とにかく目標を掲げてそれをクリアする為に勉強しようと思う気持ちが大事です。

その中でも一番良いのが、「その日にやるべきことを毎日設定」することです。毎日やるべきことを設定することで、「まー○○日までにすればいいから明日頑張ればいいや!」と先延ばしすることも無くなります。

ただ、注意しなければいけないのが、あまり高い目標を立てすぎないことです。

張り切って高い目標を掲げることがいいことですが、あまりに無謀場合、すぐ挫折してしまい結局モチベーションが下がってしまいます。ですので、無理の無い現実的な目標を立てることが重要になります。

そういう小さな目標を一つずつクリアしていき、最終的に合格という最大の目的を達成できるように努力しましょう。

スポンサーリンク