出来るだけ本番と同じ環境で模擬試験をする

試験が近づいてきたら、テキストでの勉強は控えて、より本番を意識した勉強を心がける必要があります。

基本的には過去問をこなしていくことになりますが、ただ漠然と問題を解いていくのは、本番を控えた勉強法としてはあまり良くないと思います。本番直前となると、今から新しい知識を付けるよりも、今まで覚えてきた知識をより完璧にすることが大事になります。

 

そして過去問を解く際は、試験と同じ時間で設定して挑みましょう。

試験対策をする際に、時間が足りなくて不合格になるかもしれないと考える人はほとんどいないでしょう。しかし、実際の試験ではそういった対策をしないで挑んだ場合、問題を解くのに思ったより時間がかかってしまい、時間が足りなくて不合格になる人が結構存在します。

いくら合格できる知識があっても時間内に解けなければ不合格になります。普段の勉強の中で時間を気にしない場合、時間を調整することが難しいでしょう。

ですので、時間調整を出来るスキルを養うためにも、試験と同じ時間で過去問を解いてみましょう。

 

また、時間を設定することにより、普段の勉強には無いプレッシャーを与えることができますので、時間を決めて出来るだけ試験と同じ環境で勉強するクセを付けて本番を迎えましょう。

スポンサーリンク