アナウンス検定試験の難易度・合格率・日程など

クリエイターの資格
話すことは、人とコミュニケーションをとる上で最も簡単で、最も有効的です。大勢の人の前で話すことは非常に大きな影響力を持ちます。

話の内容を的確に伝えることはもちろん、相手を楽しませるには、発想力やユニーク力が欠かせません。アナウンス検定とは、話し言葉のプロフェッショナルとして、正しく的確に日本語を話し手となるための知識を問う試験で、「NPO法人 日本話しことば協会」が実施している民間資格になります。

試験は、社内放送を行える程度のレベルである「3級」から、アナウンサー・司会者レベルの「1級」まで存在し、アナウンステストと筆記テスト(1級はなし)により合否を判断します。

受験資格はありませんが、1級を受験するには、事前に2級を取得しておかなければいけません。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 アナウンス検定
評価
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 【1級】2級、もしくは話ことば検定2級取得者のみ
【2級・3級】誰でも受験できます
試験場所 東京、大阪
試験方法 【1級】アナウンステスト
【2級・3級】アナウンステスト、筆記テスト
免除科目
合格基準 【筆記テスト】
3級・2級とも同じテストを使用。それぞれ100点満点のうち3級は70点以上、2級は80点以上を合格の目安とする。

【アナウンステスト】
3級・2級ともA・B・C・D・Eの5段階で評価し、3級はC以上、2級はB以上を合格の目安とする。

受験料 【1級】16,200円【2級】10,800円
【3級】8,640円
問い合わせ NPO法人 日本話しことば協会

試験日程

【1級】3月中旬(年1回)
【2級・3級】9月上旬(年1回)

2018年9月試験(2級・3級)

【試験日】2018年9月3日~14日
【申込期間】2018年6月15日~8月10日
【合格発表】2018年10月23日頃

試験内容

1級

アナウンステスト(1人15~20分)

  • 発声・発音・共通語
  • 発声表現力
  • 一般常識
  • 語彙・敬語
  • 構成(内容・組み立て)
  • アドリブ(即答力)

合格基準

アナウンステストの8項目すべてがA・B・C・D・E 5段階のB以上で、総得点が800満点のうち620点以上を合格の目安

2級・3級

筆記テスト((選択と記述)30分(100点))

  • 日本語についての基礎知識
  • 共通語についての基礎知識(共通語と方言・アクセント・鼻濁音・無声化ほか)
  • 音声言語の基礎知識(発声・発音・音声表現技術ほか)
  • 一般常識

アナウンステスト(1人約4〜5分)

  • 発声・発音・共通語
  • 読む(理解力・表現力)
  • 話す(自分の考えや情報をまとめ、正確にわかりやすく伝える)

受験者数・合格率

3級の合格率は80%程

試験の難易度

難しい試験ではありません。

試験の勉強

アナウンス検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

アナウンスとして活躍することも可能ですが狭き門なので、この資格を取得したからと言って就職で有利になることはありません。

その他にも司会業としてイベント会社などで働くことも可能です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事