ひろしま通認定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 ひろしま通認定試験
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 広島市立国泰寺中学校
試験日程 1月
申込期間 試験の約1か月前まで
受験料 一般:2,500円
学生:1,500円
高校生以下:1,000円
問い合わせ先 広島商工会議所
スポンサーリンク

概要

広島「通」認定試験は広島の文化、スポーツ、自然、歴史などに詳しい人を認定して、広島の魅力を語れる人を増やすために行われています。

広島「通」認定試験によって広島のファンを増やすことで、広島の魅力をアピールしてもらうことにつながっています。

広島「通」認定試験では、毎回出題されるテーマが設定されていて、テーマ問題が3割くらい出題されることが特徴です。たとえば広島のお菓子がテーマに設定されているときは、事前にお菓子について学ぶ講座が開かれています。楽しく学びながら、試験対策までできるようになっています。

最高得点者にはトップ賞、上位得点者には優秀賞が用意されてます。大好きな広島について楽しく学ぶことができて、さらに特典も豊富です。

広島「通」認定試験で認定されると、認定症が交付され、協賛飲食店や美術館などで料金の割引を受けることができます。また認定者同士の交流会も開催されるなど、イベントが多く、広島ファン同士楽しく意見を交わすことができます。

試験内容

試験方法 筆記試験(択一式・記述式)
問題数 100問
試験時間 90分
認定基準 70点以上の得点
免除科目 なし

出題範囲

  • 歴史
  • 原爆・平和
  • 観光・イベント
  • 芸術・文化・スポーツ
  • 食、自然、都市、人物、
  • テーマ(2018年1月試験のテーマは広島のお菓子)

公式テキストの内容から6割、テーマから3割、観光関連事項から1割で出題されます。

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 認定率
第10回 273人 59.3%
第9回 350人 69.1%
第8回 561人 53.8%
第7回 525人 78.5%
第6回 353人 59.8%
第5回 417人 79.1%
第4回 296人 61.8%
第3回 759人 83.0%
第2回 832人 79.3%
第1回 1,458人 85.4%

試験の難易度

毎回変わるテーマにより難易度が変わるので何とも言えませんが、広島に関する常識的な問題がメインになるので、広島県民であれば軽く合格したいですね。

試験の勉強

歴史からスポーツまで幅広い知識が問われますので、公式テキストの内容だけではなく、常日頃から新聞やネットから広島に関するありとあらゆる情報を入手しておく必要があります。

テキストの紹介

ひろしま通になろう―認定試験公式テキスト

資格を活かせる仕事

広島「通」認定試験を受験している方は、観光業やサービス業に従事している方がとても多いです。

たとえばホテルや旅館などの宿泊施設に勤めている人にとってはお客様に広島のおすすめスポットや、人気の観光施設などをお知らせしてさらに広島を好きになってもらうことをサポートできます。

観光客に接する機会の多いタクシー運転手や、販売店での接客担当者として、広島通としての知識を生かすこともできます。

ほかにも広島の魅力を伝えるサイトやSNSの運営で、知識をいかす方法もあります。広島「通」認定試験を通じて、広島の魅力や歴史を深く知り、さらに周りに伝えていくきっかけになります。地元への愛着を深めるきっかけとして人気があります。

口コミ・体験談

まだありません。

※2018年01月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事